読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コリログ

青コリが書く雑文。ブラゲからガジェットまで

軽さは正義!最軽量ノートLAVIE Direct HZ(Lavie hybrid zero)をレビュー

ガジェット ガジェット-PC

f:id:tmura3:20161114173926p:plain

肩こりが酷いので軽いPCが欲しくて世界最軽量のPC LAVIE Direct HZ(Lavie hybrid zero)を衝動買いしました。

LAVIE Direct HZ(Lavie hybrid zero)スペック

CPU:第6世代 インテル® Core™ i7-6500U プロセッサー
(2.50GHz/インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー2.0に対応:最大3.1GHz)
OS:Windows 10 Home 64ビット(日本語版)
ディスプレイ:13.3型ワイド LED液晶 (ノングレア WQHD 2560×1440ドット)
ボディカラー:ストームブラック
メモリ/最大容量:8GB(オンボード)/最大8GB
SSD:約512GB SSD(PCIe)
DVD/CDドライブ:なし
WEBカメラ/マイク:HD解像度(720p)対応カメラ、有効画素数92万画素/ステレオマイク内蔵
通信機能
LAN:USB-LAN変換アダプタ(1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T対応)
ワイヤレスLAN:11ac(867Mbps)対応ワイヤレスLAN本体内蔵(IEEE802.11ac/a/b/g/n準拠、Wi-Fi Direct™準拠)
Bluetooth®:Bluetooth® Smart Ready準拠
USB:USB 3.0×2 (内1ポートはパワーオフUSB充電機能付き)
ディスプレイ:HDMI出力端子×1、VGA変換アダプタ(HDMI出力端子をミニD-sub15ピン×1に変換可能)
LAN:USB-LAN変換アダプタ(RJ45×1に変換可能)
サウンド関連
マイク入力:ヘッドフォンマイクジャック×1 ※スマートフォン用ヘッドフォンマイク(4極ミニプラグ)
ヘッドフォン出力:マイク入力と共用
ライン出力:マイク入力と共用
メモリーカードスロット:SDメモリーカード(SDHCメモリーカード、SDXCメモリーカード)スロット×1
HDMI-VGA変換アダプタ:あり
USB-LAN変換アダプタ:あり
マウス:なし
オフィスアプリ:Office Home & Business Premium プラス Office365サービス
電源:リチウムポリマーバッテリ (標準)またはACアダプタ(AC100~240V±10%、50/60Hz)
バッテリ駆動時間(JEITA測定法 Ver.2.0):約5.9時間
バッテリ充電時間(電源ON時/OFF時):約3.0時間/約2.5時間
外形寸法(本体※突起部、バンプ部除く):319(W)×212(D)×16.9(H)mm
質量(本体※標準バッテリパック含む):約779g
保証:1年間保証(引き取り修理)

779gはどれ位凄いか?

779gは記事を書いている時点でLAVIE Direct HZ(Lavie hybrid zero)は13インチクラスのPCでは世界最軽量。LAVIE Direct HZ(Lavie hybrid zero)の779gはここのヒトデ先生の記事で紹介されているパソコンより大体400グラム軽い。まぁ、お値段は4倍以上ですけど!

13インチの人気シリーズと言えばMacBookAir13インチが最初に頭に思い浮かびますが、MacBookAir13インチはカタログスペック1.35KgとなっていますのでLAVIE Direct HZ(Lavie hybrid zero)の779gは圧倒的。

iPad Air2と軽量なキーボードを持ち歩くと大体650グラムあたりに落ち着きますので100グラムくらい重い。使い勝手などを比べても圧倒的に一体型のLAVIE Direct HZ(Lavie hybrid zero)が勝ります。

バッテリー持ちは良くない

LAVIE Direct HZ(Lavie hybrid zero)のスペックで目を引くのはバッテリー駆動時間の短さでは無いでしょうか?バッテリーの消耗による稼働時間の減少が気になります。常に電源ケーブルを持ち歩くことを念頭に置いても良いレベルですが、折角軽いのに勿体ない気がします。MacBookAirの12時間と比較するとLAVIE Direct HZ(Lavie hybrid zero)の稼働時間は約半分と短いです。つまり、アンビリカルケーブルないと動けないエヴァンゲリオンみたいなPCがLAVIE Direct HZ(Lavie hybrid zero)です(暴走モードはついておりません)。しかし、一日持ち出して出先で作業等なら対応可能な容量です。

大きさをMacBookAir13と比較

 

f:id:tmura3:20160112204133j:plain

MacBookAir13と大きさを比較するとMacBookAirのほうがLAVIE Direct HZ(Lavie hybrid zero)より1cmくらい大きいです。

 

f:id:tmura3:20160112204222j:plain

薄さはLAVIE Direct HZ(Lavie hybrid zero)とMacBookAir13は最厚部は同じくらいですが、全体的にみるとLAVIE Direct HZ(Lavie hybrid zero)よりMacBookAir13の方が薄いです。

入力系をチェック

f:id:tmura3:20160112203900j:plain

SDカードスロット、USBポート2つ、HDMIがついています。

キーボードが残念

f:id:tmura3:20160112235755j:plain

打ち込んでみてわかったのですがLAVIE Direct HZ(Lavie hybrid zero)の打鍵感はやや悪いです。キーストロークが少し浅いです。また、Windowsでよく使う「無変換」キーが非常に細くなっていて打ちにくいです。

f:id:tmura3:20160112235802j:plain

「PgUp」「PgDn」も細くなっていて押しにくいです。

トラックパッドはやや癖がある

NXパッド(タッチパッド)のところは全体が右クリック・左クリックのボタンを兼ねています。右クリックが本当誤動作しやすいです。右クリックしようとして、左クリックになってしまうことや、クリックされなかったことになってしまうこともしばしばあります。

まとめ

軽さはモバイルにおいて正義です。その正義のためにバッテリー、入力周りなどを少し削ってぎりぎりのラインでまとめ上げたPCがLAVIE Direct HZ(Lavie hybrid zero)です。本当に毎日持ち歩くにはいい機種です。

 

NEC PC-HZ550DAB LAVIE Hybrid ZERO

NEC PC-HZ550DAB LAVIE Hybrid ZERO