読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コリログ

青コリが書く雑文。ブラゲからガジェットまで

ポケモンGOおすすめスマホを考える

ゲーム ゲーム-ポケモン

f:id:tmura3:20160622083105p:plain

ポケモンGOが全世界で爆発的なヒットになろうとしているがまだ世界はポケモンGOがガチ勢になるとどんな事が起きるのかを知らない。ポケモン探して死体を見つけるはさすがにびっくりしたが、職務質問された警察官にポケモンGOを薦めるとかはもうすでにIngressで我々が通ってきた道だ。きっと、夜中にジムが襲撃されたから取り返してくる!とかいって出て行く夫に愛想を尽かした妻が発言小町に投稿するくらいまではすでにIngress界隈では折り込み済みだ。きっとみんなゆるふわと言いながらガチになるんだろうなぁ。と思う今日この頃。ガチになるためには二台目のスマホが必要になる場面があると思うのでポケモンGOに必要なスペックを考えていきたい。

 
ポケモンGOで何故二台目スマホが必要なのか?
ポケモンGOで二台目のスマホが推奨される理由はシンプルだ。複数アカウントとかそんなブラックな理由ではない。二台あれば単純に捗るのだ。理由はGPS感度の機種間差

 

である。機種ごとに微妙に位置情報がポケモンGOのようなGPSを使ったゲームはズレる。障害物がないところならほぼ問題ないが、ビルで電波が入りにくかったりして屋内とかだとかなりズレる。それを利用するのもテクニックの一つなのだが、二台あれば機種間のズレを利用して位置情報を得ることが出来るので捗る。少しくらい歩けよというかもしれないが、意外と横断歩道のど真ん中がどんぴしゃだったりして意外と屋外は危ないのだ。
 
メインでやるリスク
メイン機一台でやるのもいい。しかし、がちになればきっとアナタは車と自転車に課金する。自転車に課金したらホルダーに課金する。自転車でやると衝撃でスマホが落ちてしまい画面が割れる。メインでそれをやるのはリスクだし、オススメできない。出来れば本当に二台持ちが必要だ。
 
ポケモンGOで最も重要なのは何か
このGPSゲーに一番大切なものは何かバッテリーだ。GPSがからむとスマホのバッテリーはびっくりするくらい残量がみるみる減る。パズドラとかモンストの比ではない。バッテリーなんてモバイルバッテリーつければいいと思うかもしれない。しかし、モバイルバッテリーつけて歩くのは実際やってみると意外と面倒い。ガチでやり出すときっとみんな二代目が絶対ほしくなる。しかし、モバイルバッテリーしてることでポケモンGOをやっている人間とバレるリスクもあるということも忘れないで欲しい。
 
Huawei P9 LITE

現時点でポケモンGOの動作が確認されている機種はバッテリーが横並びです。そこで、軽さと携帯性を中心に購入を考えるならHuawei P9 LITEがおすすめです。

ディスプレー 5.2型液晶
画面解像度 1920×1080ドット
サイズ 約72.6×146.8×7.5mm
重量 約147g
CPU HUAWEI Kirin 650
2GHz×4+1.7GHz×4
(オクタコア)
メモリー 2GB
ストレージ 16GB
外部ストレージ microSDXC(最大128GB)
対応ネットワーク LTE:1/3/5/7/8/19/28/40
W-CDMA:1/5/6/8/19
4バンドGSM
OS Android 6.0(EMUI 4.1)
カメラ画素数 リア:1300万画素
/イン:800万画素
バッテリー容量 3000mAh
SIM形状 nanoSIM×2
カラバリ ゴールド、ホワイト、ブラック
価格(税抜) 2万9980円

 Zenfonesシリーズの対応状況

格安SIMフリーとして人気のZenfoneシリーズの対応はまちまちでZenfone2、Zenfone2Laser、ZenfoneZoomなどが対応しているようです。ZenfoneMAXは

対応機種でダウンロードしたAPKを入れることでGOやMAXでも動くとの事です。

 今後の対応待ち

ポケモンGOがインストールできない端末にインストールする方法

せっかくポケモンGOを買ったのに動かない!など悩まれている方はGenymotionをWindowsPCに入れて仮想環境を構築してポケモンGOをインストール。そして、OneDrive経由でAPKを端末に入れてインストールという方法も出来るようです。ARモードオフにすればZenfoneシリーズ最大のバッテリーを持つZenfoneMAXでも動くようです。

 

詳細は以下のサイトに

Pokémon GOがインストールできない端末に無理矢理インストールしてみたい - いろいろやってみるにっき

 

 ASUS Zenfone MAX

ポケモンGOにおいてはバッテリーが全てに優先されるのでこの機種を個人的にはおすすめしたい。ASUSのZenfone MAXは5000mhとスマートフォン屈指のバッテリー容量がある。また、連続待受時間は3Gで約914.4時間 、LTEで約683.6時間となっており、バッテリーの悩みとは基本無縁です。また、大容量バッテリーの特徴を生かした「リバースチャージ」機能があり、メインのスマホの充電に使うことができます。しかし、現在はARモードで使用できない。インストールにコツが必要など色々セッティングが必要なのでおすすめは出来ないですが今後対応されるとのことですのでそこに期待したいです。

ASUS Zenfone MAX スペック
OS:Android 5.02
CPU:Qualcomm Snapdragon 410 MSM8916 1.2GHz(クアッドコア)
内部メモリ / ストレージ:2GB / 16GB
外部メモリ:microSD/microSDHC
SIMスロット:microSIM×2
液晶:5.5インチ IPS液晶
解像度:1280×720(HD)
カメラ:メイン1,300万画素 / サブ500万画素
バッテリー:5,000mAh
推奨回線:ドコモ回線のMVNO
市場価格:27,800円前後

 

FREETEL Priori3S (パールホワイト)

FREETEL Priori3S (パールホワイト)

 

FREETELの格安機もバッテリーが4000mhあってなかなか良さそうです。少しスペック的にはもたつくことが予想されますが、Amzonで16800円とお求めやすい価格ですので2台目需要としては十分要求を満たすのではないかと思います。


Priori 3S LTEのスペック
サイズ 高さ 144 mm ✕ 幅 72 mm ✕ 厚さ 9.4 mm
重さ 161 g
バッテリー容量 4,000mAh ※取り外し不可
OS Android 5.1 Lollipop
プロセッサ Quad core 1.0GHz
内蔵メモリ RAM:2GB
ROM:16GB
外部メモリ最大対応容量 microSD/microSDHC/microSDXC (最大128GBまで対応)
SIMタイプ nanoSIM x 1/microSIM x 1
デュアルSIM対応(国内で使用できるのはいずれかの1スロットのみ)
対応ネットワーク周波数帯 4G(FDD-LTE):Band 1/3/7/8/19
3G(WCDMA):800/900/2100 MHz
2G(GSM):850/900/1800/1900 MHz
ディスプレイ 5.0インチ HD(1280×720)
カメラ リアカメラ:800万画素
フロントカメラ:200万画素
その他 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.0 LE、GPS
 

最後に

Ingressのデータ通信の例で考えますと大体ガチでやると1日300ー400MBデータ通信を行います。つまり、キャリアの通信のままでは天井に届いてしまいす。やるからには熱くなるでしょうし、ポケモンGOにために格安SIM購入するプレイヤーにお勧めすべきSIMは下記のようになります。

U-mobile
データ通信容量無制限で音声通話もOK、更に音楽聴き放題のアプリもセットになったお得な格安SIMがU-mobileのUSEN MUSIC SIMです。モバイルガジェット 東京03さんの19社SIM速度計測でも安定して無制限ながら良い速度を出しています。

それでは皆さん素晴らしいポケモンライフを

 

 

www.corylog.com

www.corylog.com

www.corylog.com