読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コリログ

青コリが書く雑文。ブラゲからガジェットまで

ひらかたパーク(ひらパー)を全力で応援する。

大阪 大阪-京阪 インターネット-ランサーズ インターネット

ひらかたパークことひらパー

超ひらパー兄さんアイマスク 【 ひらかたパーク限定】 ☆映画チラシ3種類付

全国の皆さんは日本三大遊園地をご存知だろうか?東京ディズニーランド、ユニバーサルスタジオジャパンそして我らのひらかたパーク(ひらパー)ことひらかたパーク(ひらパー)。その三つがしのぎを削って全国のゲストを奪い合っているといっても過言ではない。しかし、ひらかたパーク(ひらパー)の置かれている状況は厳しい。非常に前者二つに比べると予算も人気もない。
エキスポランド、奈良ドリームランド、生駒山頂遊園地、宝塚ファミリーランドなど昔関西には遊園地群雄割拠時代があったが、その中の唯一の生き残り、つまり卵子に辿り着いた唯一の精子なのである。しかし、唯一の精子だった僕らは知っている。その後の現実も地獄だと。
時は失われた10年、ロスジェネ真っ只中。人々の消費は低迷し遊園地イコールディズニーランドで天下統一されるまでに至っていた。遠のく客足。減る売り上げ。そして運営は一大決断を下す。テーマパークのキラーコンテンツ大菊人形を中止した。これはNHKのその年の大河ドラマのテーマを菊人形という形で展覧する当テーマパークの代名詞だった菊人形を辞める。これは当時寝屋川市民だった僕も軽く驚いた。しかし、今ならわかるジジババ向けコンテンツを切ったのだ。ちなみに菊人形は枚方市民の有志がたまに市役所前でやっている。
生き残るためなら土下座だって泥水だって飲んでやる。マスコットを作ったり、ナイト営業をしてみたり、誰も略してくれないからひらかたパーク(ひらパー)の愛称をひらかたパーク(ひらパー)にして広報したりととにかく他の追随には余念はなかった。
他の真似をするだけではない、はっきり言ってひらかたパーク(ひらパー)の広報はセンスがずば抜けている。どう抜けていたのかというと自虐、シュールという方向性でひらかたパーク(ひらパー)を推してくる。元カレも元々カレもここで落とした。とか常に痛い方向でくすぶるのが秀逸だった。
そんなひらかたパーク(ひらパー)を勝手に応援したいと勝手に「ひらかたパーク(ひらパー)に行きたくなる記事」ランサーズに発注してみました。

ひらかたパーク(ひらパー)について

じぶんは現在29歳の男性会社員をおこなっております。自分は大阪市に住んでおり、ひらかたパーク(ひらパー)なども南海電車を活用していくことができるようになっております。自分は去年に彼女といっしょにひらかたパーク(ひらパー)にいってきました。はじめはUSJにいこうと彼女からいってきたのですが、自分はそのときに彼女に説得をしていった言葉があります。それを記載させていただきたいとおもいます。現在では大阪のレジャースポットではUSJがめだっており、遠出からきた人は、ほとんどUSJにいってしまいます。ですが、USJは待ち時間が非常に長いため、あまりアトラクションなどを多く遊ぶことができません。ですが逆にかえせば、ひらかたパーク(ひらパー)はUSJと比較をするとそこまでは混雑はしてはおりません。それだけでなく、料金などもUSJと比べると低く、低コストの予算でたのしむことができるようになっております。USJでは、楽しむというよりは、見たり体感をして楽しむものが多いので、絶叫系や刺激をもとめたいという人には物足りない感じがあります。ですが、ひらかたパーク(ひらパー)の場合であれば、落下アトラクション、ジェットコースターなどの刺激のあるアトラクションなどもあります。待ち時間などもUSJと比較をすると短いです。一日で低コスト遊べて、そして多くの刺激のあるアトラクションを体感することができる、これがひらかたパーク(ひらパー)のすばらしいメリットではないでしょうか?マスコットキャラクターなども存在をしており、土産なども記念になるものが多いです。このことを彼女に伝えると彼女も納得をしてくれて一緒にひらかたパーク(ひらパー)に行っていただきました。説得のために使った言葉ですが、これは理にかなっていることだとも自分は思っております。

皆んな楽しめるひらかたパーク(ひらパー)

去年久しぶりに家族で、ひらかたパーク(ひらパー)に行きました!旦那はUSJが行きたかったみたいでしたが……USJは、大家族の我が家には高すぎるし、待ち時間や、乗り物などを考えて久しぶりに、ひらかたパーク(ひらパー)。 下は3歳から上は14歳の子供5人を連れて……
いやぁ〜楽しめた楽しめた!
開園時間に行き、営業時間終わるまで乗り物乗りまくり~~
ひらかたパーク(ひらパー)は3歳の子供でも楽しめるんです‼︎1人で乗れる乗り物もあるしね〜 もちろん小学生組は、勝手に並んで乗ってる始末。笑
ひらかたパーク(ひらパー)は、乗り物と乗り物との距離が近くて移動しやすい‼︎周りやすいんです!
多分2.3回行けば、もうどこに何の乗り物があるか大体の場所覚えちゃいます!移動しやすいし、子供達だけでの移動も迷子になりにくそうです。私的には、それが1番良いところかも?
あと施設内の花の手入れが素晴らしい。
お花好きの人は花見るだけでも入園料払う価値あると思う。
枯れてる花ないんじゃないかな?
とにかく綺麗で感心感心。
動物も居て、エサやりや、直に触れます!
動物ふれあいはフリーパスじゃ入れないの残念でした
節約の為、私は外で待機ー
動物にあげるエサは有料だったみたい。

ひらかたパーク(ひらパー)行った時の食事はいつも節約の為、お弁当持参~~
マクドとか手頃な食べ物屋さんもあるけどね~~
お弁当食べるのに雰囲気の良い場所もたくさんあります〜
あとは入園料かなー
正直もう少し安かったらな〜
年パス買いたいけど、家族の人数分買うにはちょっと出費がでかすぎる……
入園料だけなら安いけどね、フリーパスもっと安くしてほしーなぁ。
せめて学割作ってほしいな!
これからはプールが始まるから今年も行けたらいいなぁ!
去年プール行ったけど滑り台の待ち時間が長かったー
あれ待ち時間がちょっと苦痛。。
でも、また行きたいなぁ。
あっ、あと乗り物の事で思うのが、お化け屋敷。。
もっと本格的なお化け屋敷を作ってほしい!
今あるお化け屋敷は幼稚園向きすぎるから!笑
本格的なお化け屋敷作ったら絶対流行ると思うなぁ…
今年中にまた行こう、ひらかたパーク(ひらパー)!


ひらかたパーク(ひらパー)は子どもから大人まで楽しめる総合エンターテイメント遊園地!

大阪のひらかたパーク(ひらパー)といえば、大阪府民なら知らない人はいない人気遊園地です。ひらかたパーク(ひらパー)は何度も乗りたくなってしまうアトラクションはもちろん、ただの遊園地には無い楽しみ方が盛り沢山あるところが人気の秘密です。そんなひらかたパーク(ひらパー)の魅力を紹介します。
ひらかたパーク(ひらパー)のアトラクションは絶叫系とほのぼの系がバランスよくあることが特徴です。絶叫系では、全長1300mのパーク内最大のジェットコースター「レッドファルコン」、50mの高さから猛スピードで急降下する「ジャイアントドロップメテオ」など様々なスリル満点のアトラクションが豊富で、絶叫マシーン好きにはたまりません。
また、絶叫マシーンが苦手な方も楽しめるほのぼの系アトラクションも豊富で、お庭をボートに乗りながらクルージングする「ファンタジークルージング」やひらかたパーク(ひらパー)のシンボルとも言われる高さ約80mの大観覧車「スカイウォーカー」は夜景も楽しむことができるのでデートにもピッタリです。
そして、可愛い動物にも会えるのがひらかたパーク(ひらパー)のもう一つの魅力。「ワンダーガーデン」ではレッサーパンダやかわうそたちが出迎え、「どうぶつハグハグタウン」ではペンギンやカピバラのエサやり体験や触れ合うこともできます。
そして、四季を通じて期間限定で楽しめるスポットも盛りだくさん。春には園内で満開の桜が、初夏にはローズガーデン、夏にはひらかたパーク(ひらパー)名物のスライダーを楽しめる屋外プール「ザ・ブーン」、冬は雪遊びやスケートを楽しめる「ウィンターカーニバル」がオープンします。
ひらかたパーク(ひらパー)は、1年中いつ来ても小さな子どもから大人まで楽しめる大阪府民が誇る総合エンターテイメント遊園地です。

バラ好きさん、カメラ好きさんにおススメ!

ひらかたパーク(ひらパー)に行ってきました。
私の目的はバラ園。日本でいちばん歴史があって関西で一番品種が揃っていると聞いていて、ずっと行きたいと思っていながら、5月は仕事が忙しい上に車で1時間半くらいかかるからちょっと遠いなぁってなかなか行けなかったのです。でも結果からいえば、行って本当によかった!
今まで行った数あるバラ園と比べると、品種がわかりやすく整理されていてすごく見やすかった。バラに興味をもったばかりの人やいろんなバラを見て自分の好みを知りたい、なんて人にはぴったりのバラ園だと思う。なんせ600種類、4000株もあるらしいからあれも素敵、これもかわいい!なんて目移りしちゃう。それに何よりも子連れの方!パパと子供にはひらかたパーク(ひらパー)の遊園地で遊んでてもらって私だけもうひとりでゆっくりじっくりバラを満喫し、写真も満足いくまでじっくり撮ることができたのが本当によかった。バラ園しかないと、すぐに子供が飽きてしまって「ねぇねぇ、もう行こうよ!帰ろうよーーー!」とパパや子供から言われてしまいいつも不満足なままだったのです。
バラ初心者の方にも見やすく、楽しみやすいように、たとえば有名人の名前のバラばかり集めたゾーンがあったり(ポールマッカートニーとかマリアカラスとか、皇室の方々のお名前とか)香りを楽しめるコーナーがあったり(バラの香りとひとことでいっても8種類の香りに分けられているからそれぞれの香りの違いを楽しんだりもできる)いろんな楽しみ方ができるのがひらかたパーク(ひらパー)のバラ園の魅力とおもう。
私が行ったときにはバラに関するクイズラリーもあって、これがけっこう難しいの。しかも30問もあって、結構大変だったんだけど解けるとポストカードが4枚ももらえて、ラッキーだった!
ひらかたパーク(ひらパー)にあるバラはほとんどが春だけじゃなくて秋も見ごろだし、何よりバラのバックに観覧車がある写真はほかのバラ園ではなかなか撮れない(笑)入場料を払う分、バラ園が目当てのお客さんが意外と少ないから写真を撮りたいけど人でいっぱいで撮れない、なんてこともないので、バラ好きな方だけでなく写真好きなかたにもひらかたパーク(ひらパー)はおススメです。

ひらかたパーク(ひらパー)、年齢なりにみんな楽しい

地元に住んでいるのであまりありがたみを感じることの少ないひらかたパーク(ひらパー)。いい大人になって落ち着いて考えると結構いいかも?って感じです。そりゃ何回行ったか数えきれませんから、やっぱり行って楽しいことにはまちがいないです。子供のころから大好きです。最近はテーマパークなんて呼び名でひとくくりですがひらかたパーク(ひらパー)は遊園地です。驚くほどの絶叫マシーンもジャイアントドロップメテオくらいです。観覧車は大きいのでそれなりに価値あり。いろんなアニメなんかのショーがあったり、夏はザ・ブーン(プール)あり、夕方のライトアップで20時くらいまで遊べます。冬は冬のライトアップで寒いけどきれい!家族連れで楽しいが基本の遊園地です。でも最近はテーマパークって頭使って回らないといいアトラクションに乗れなかったり何時間も並んだりと結構ストレスもたまるので覚悟がいるんです。ひらかたパーク(ひらパー)ってそこまでひどくない。アトラクションも中途半端な分、乗らないと損って感じがないのでぶらぶら歩いてるだけでも結構広くて、デートコースとしても悪くないです。気が向いたら何かに乗るっていう感じでいいと思えるんです。駅の近くなので交通の心配もいらず、中学生や高校生でも気軽にやって来れます。菊人形はなくなったけど年配のおじいちゃんおばあちゃんもお孫さん連れて気軽に遊べます。USJあたりじゃそうはいかない。おもちゃ大国とか生駒山上(近畿圏)は子供向きに特化しすぎてますし、長島あたりは逆に年寄りにはちょっと辛い。消去法じゃないですがそう考えていくと、ほかにないんですよ、この少し緩い、だけどやる気のある遊園地って。今じゃ遠くから大阪に来てUSJの帰りにひらかたパーク(ひらパー)で遊ぼうなんて人もいるくらいです。
継続は力だなどというつもりはないですが、長く続いている遊園地、いろんな思い出を持ってリピートする人を大勢迎えて今なお健在な数少ないテーマパーク、やっぱり、行くたびにいい!と思います。

ひらかたパーク(ひらパー)に特有のジェットコースターが楽しすぎる

ひらかたパーク(ひらパー)には年に二回ほど通っているのですが、ここには私が絶対に乗るアトラクションがあります。木という材料で骨組みが作られたジェットコースターであり、絶叫系の中でもかなり楽しめる存在であると思います。ジェットコースターが木製であるということは、振動の吸収機能が現代的な素材で作られているものよりも強くないと考えるのが妥当です。誰もが考える通りの展開は乗ってみるとわかりますから、とりあえずはひらかたパーク(ひらパー)のジェットコースターを楽しんでみることによって体感できます。スピードが乗ってくるに伴い揺れが激しくなりますが、決して危険なわけではないのです。定期的にひらかたパーク(ひらパー)の作業員が点検していますし、木というのは海外の建築現場で今でも健在の足場として使われているという特徴があります。その結果として、ひらかたパーク(ひらパー)のジェットコースターで事故が起こったことは私が知る限り一度もありませんし報道もされていないのです。私はひらかたパーク(ひらパー)の確実な仕事を信頼しているために、ジェットコースターにしばしば乗るというわけです。その他にも楽しいと感じるのは、他の乗客たちの絶叫です。普通の遊園地でもジェットコースターではけたたましいほどの叫び声が聞こえてくるのですが、その比ではないほどの迫力がひらかたパーク(ひらパー)では味わえます。そのようなサウンドを耳にしていると、やはり木で大部分が構成されているジェットコースターという存在そのものが非現実感を演出してくれているのだと思います。実際に私としても一般的なジェットコースターと比べると少しだけですが怖さを感じていますから、毎年のように通っている理由でもあり今後もそれは変わりません。

ひらかたパーク(ひらパー)の良いところ

ひらかたパーク(ひらパー)こと、ひらかたパーク(ひらパー)で遊んできました。岡田さんのCMで結構、楽しいところだと思っていきました。
ひらかたパーク(ひらパー)は一日で思う存分楽しめて良い場所です。アトラクション同士が近くにあり、歩くのも疲れません。夏場はプールもあり、アトラクションは空いている方です。
木製コースターのエルフはジェットコースターといっても、木のあたたかみがあり、子供も大人も楽しめるジェットコースターでオススメです。木製ならではの走る音が好きです。
野外ステージも楽しく、ヒーローショーやアイドルがきたり、休憩にちょうど良いです。大人の方でも楽しめます。
飲食店もなじみある店舗やファーストフードが入っていて、お財布に優しいお店が多いです。家族サービスがしやすい価額でたくさんランチやデザートが食べられます。キャラクターの形のワッフルやつぶ状のアイスが子供にオススメです。つぶ状のアイスはカラフルで可愛くて、食感も面白く好きです。
平日だったからか、お土産屋さんは空いていました。それなりに広くお土産も充実しています。
動物もたくさんはいませんがいます。動物好きな子供にもひらかたパーク(ひらパー)は良いですね。
アトラクションはまわるコーヒーカップや、観覧車、足でこいで進むモノレールや定番のものもたくさんあります。最近の遊園地では消え去った懐かしい乗り物には大人も子供時代に戻って、楽しめます。
最近は大人でも乗れない絶叫系や、スリルあるアトラクションが多いのですが、ひらかたパーク(ひらパー)は全体的に子供が遊べるアトラクションばかりです。個人的にひらかたパーク(ひらパー)の乗り物は心臓が弱い大人でも乗れそうです。おじいさん、おばあさんと来ても良いです。
雨の日でも楽しめるゲームセンターもあり、いつでも楽しめます。

 

 

www.corylog.com

www.corylog.com