読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コリログ

青コリが書く雑文。ブラゲからガジェットまで

食レポ難しいから試しに日清カップヌードルの食レポを外注してみた。

インターネット インターネット-ブログ インターネット-ランサーズ

食レポ難しい

はっきり言って僕は食レポが苦手だ。食レポで1000文字は非常に難しい。僕には出来ない。美味しい物を食べるのは大好きだが、旨い!という一言を微分し長文にする能力は非常に苦手だ。しかし、ブログコンテンツとして食レポは基本中の基本。量産しやすい、書きやすい、取っつきやすい。しかし、初心者が頑張って書けていいところ500文字が限界では無いだろうか?ここを超えれるかどうかが同じ書くことを商いとするブロガーとライターでの違いのように個人的には思います。ということで、食レポの基本中の基本でみんなが食べたことがあるだろう日清カップヌードルでの食レポをランサーズで発注してみた。

 

シーフードヌードルのオススメちょい足し5選!

私が一番日清 カップヌードルで好きな味は『シーフードヌードル』です。すべてのカップラーメンの味の中でもこのシーフードヌードルが最強だと思っています。

そこで、今日は好きすぎる『シーフードヌードル』にちょい足ししたら美味しいもの5選を紹介していこうと思います。

『鰹節をたくさん入れる』
これめちゃめちゃうまいです。長浜ラーメンっぽくなります。鰹節とスープがめっちゃ合うので、濃厚な味わいになります。より本格派のラーメンに近づきます。

『明太子』
明太子を投入で明太子シーフードヌードルの出来上がりですね。
もともとシーフード味なので海のものが合わないわけがないです!少し辛みが出て美味しくなります。

『カレールー』
作ったカレー余りません?それを翌日シーフードヌードルに入れて下さい。シーフードカレーの出来上がりです。
この時にお湯を少なめにするのがポイントです。お湯を入れすぎると溢れてしまいます。ちなみにインドカレーなんかも合います。

『生卵』
これは超定番ですね。だいたいのラーメンに合います。お湯を入れる前か入れた後かはお好みで入れて下さい。
月見シーフードヌードルの出来上がりです。美味しいですよ。

『とろけるチーズ』
お湯を入れる前にとろけるチーズを好みの量入れます。麺とチーズが絡まりこの食感がたまりません。
チーズ好きな人はいっぱい入れてみましょう。とてもオススメのちょい足しです。

以上、私の大好きなシーフードヌードルへのオススメちょい足し5選でした。
もともと飽きない味のシーフードヌードルですが、たまに飽きてしまったりしませんか?
そんな時のこのちょい足しを試してみてください。新しい味の発見ができますよ。

これらを組み合わせても面白いかもしれません。
チーズとカレーは合いますし、生卵と鰹節も相性がいいでしょうね。
他にも有名どころで言うと、牛乳なんかや変化球で言うと小豆なんかもありますのでお好みに合わせてチャレンジしてみる価値ありです!

 

バイクツーリングにて

私はバイクが好きで、ツーリングに行くのが大好きです。
ツーリングの醍醐味と言えば、行く先々にて土地の名物を食すことにあります。
ところが、目的地が山奥の湖畔であったり山頂の展望台であったりします。そのような場合は目的地に食事施設がないことがあります。
こんな時こそ、日清カップヌードルの出番です!
昨今、コンビニに行けばおにぎりやサンドイッチ等のお手軽に食べられる物もあります。ですが、ツーリングというイベントだからこそカップヌードルなのです!
イベントを楽しむためには多少の手間をかけたくなるのです。
キャンプ用のバーナーでお湯を沸かします。お湯を沸かしたらカップ容器に注ぎ三分間待ちます。この三分間も大切ですね。待ち時間にカップを持ちます。・・・温かい。バイクツーリングは常に風に晒されるため体が冷えます。三分間、じっくりとカップヌードルから伝わる温もり堪能します。緊張がほぐれていきますね。
三分経ちました。多少アバウトですが目をつぶります。蓋の隙間から漂う香りに我慢できませんよ。
蓋を開き一口。周りは誰もいません。思いきりよくすすりましょう!ズズズーっと!私のお気に入りは基本の醤油味です。小さい頃から食べていた味ですね。懐かしさも込み上げてきます。ウマイ!
醤油とチキンの味と香りがたまりません。次はスープ。ヤケドに気を付けつつ少しずつすすります。はぁ~ウマイ!体内に流れ込む熱と共に体も温まります。
あとは景色を楽しみつつ、目の前のカップヌードルを堪能するだけです。仲間が居れば道中の話に花も咲くでしょう。皆、笑顔です。だってこれは贅沢な食卓ですよ。春は桜を見ながら。夏は湖畔のほとりで。秋は紅葉の中。冬は雪に包まれながら・・・少々寒いですが、この寒さも調味料ですね。季節を問わず、見上げれば空が星空があります。最高の食事じゃないですか。
コンビニのおにぎりより少しの手間が掛かりますが、この手間が重要なのです。三分間待つことに意義があります。イベントですから。手間を掛け、待つことも楽しみましょう。そこが美味しく食べる道筋ですから。
帰り道はカップヌードルの残り香と共に。

 

カップラーメンの定番!

普段ジャンクフードはあまり食べない私ですが、日清のカップヌードルだけはついつい定期的に食べてしまいます。個人的に好きな種類はシーフードです。

やはりカップ麺の草分けともいえる日清が日々マイナーチェンジをしながらも安定した美味しさを提供してくれるのは有難いです。最近では女性を意識したライトの物や期間限定での商品を次々に展開していく等前進的な企業努力を含めて好感度は高いです。

特に私が好きなシーフード味は他のカップ麺にはあまりない濃くのある味なのでついついコンビニでも手が伸びてしまいます。最近の新しいものではトムヤンクン味も好みでした。
価格も非常にお手頃ですし、コンビニですぐ購入できる利便性も魅力の1つです。
海外でも様々なご当地に合わせたカップヌードルが販売されているようなので、期間限定で良いので日本でも是非発売して欲しいです。

日清のカップヌードルの中でも1番好きなシーフード味のはクリーミーなスープも魚介の旨味がぎゅっと詰まっていて本当にやみつきになりましす。次に好きなのはカレー味でごろごろと大きめのジャガイモとカレーの絶妙なバランスが私はとても好きです。
麺の太さやコシもカップ麺としてはとても好評です。

またデザイン的にも女性が食べていてもそんなに抵抗がない定番のデザインにも共感がもてます。ただ、ライトだとどうしても麺のコシが通常のものよりも物足りなくかんじてしまうので、もう少し改善してくれたら良いなと思います。
しかし手軽さと価格においては非常に企業努力を感じるのでこれからも定期的に食べたいと思っています。サイズ展開も小さいものから大きなものまで、その日の気分で幅広く選べるのはとても嬉しいです。
これからもシーフードを中心に定期的に食べたいです。個人的に中に入ってるエビが大好きです。
まだ一度も食べた事がない方には自信を持ってオススメします。特に女性の方でも買いやすいのが魅力の1つだとおもいます。

 

最後に

真面目に食レポを考察して深めたいなら青二才先生のこの記事は良いと思う。

www.tm2501.com