読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コリログ

青コリが書く雑文。ブラゲからガジェットまで

おいしいカレーの作り方をランサーズで募集した。

生活 生活-料理 インターネット-ランサーズ インターネット

レポート定番!おいしいカレーの作り方。

マスコット 印度の味 中辛 180g

おいしいカレーの作り方といえば皆さんは何を思い浮かべるだろうか?クックパッドのつくれぽ1000のメニューのことだろうか?違う!おいしいカレーの作り方、それはある大学での都市伝説。ある試験の時問題が全く分からなくて解答用紙においしいカレーの作り方を書いたら合格し進級できたという大学で嘘か誠か囁かれる伝説のレポートそのタイトルが「おいしいカレーの作り方である。」しかし、おいしいカレーの作り方というレポートを僕は読んだことないし、カレーも作れない。しかし、この無茶ぶりにランサーズなら答えてくれるはず!その期待を胸に応募してみた。

 

以下お楽しみください。

 

牛すね肉の欧風カレー

 休日の時間がある日にたっぷりと時間をかけて煮込んだカレーを作ります。わが家のカレーは牛すね肉を入れます。少し大きいかなというくらいの5~6cmくらいの大きさに切り塩コショウをして少し置き、両面を焦げ目がつくくらいこんがり焼きます。その後赤ワインを入れフランベします。玉ねぎはたくさんの時間煮込んで形がなくなってしまう為、大きめに切ります。玉ねぎは茶色くなるまで5~10分程時間をかけて炒めるのがポイントです。人参も少々大き目に切り両面焼き、水とローリエを加えて煮立てます。途中あくをとりながら、弱火でコトコト2時間煮込みます。ここが大きなポイントです。2時間煮込むことで肉がスプーンで軽く切ってもも切れるくらい柔らかくなります。ここで煮込み時間が足りないとすね肉の特性で筋が多いので、肉がガジガジでゴムみたいで食べれない状態のままになります。その後じゃが芋とマッシュルームを適当な大きさに切り表面を炒め10分くらい煮込みます。じゃが芋はホクホクがおいしいので出来るだけインカのめざめを使っています。無い時はきたあかり等黄色くじゃが芋自体美味しいものを使います。この時点まではビーフシチューの作り方と全く同じです。カレーにしようかビーフシチューにしようかここまで真剣に悩んでしまうこともあります。たまに決まらなくて半々にしカレーとビーフシチュー両方作ることもあります(笑)。でもそんな時、我が家ではたいていカレーの方が早くなくなります。
 普段のカレーはカレールーを使いますが、休日に作るこのすね肉のカレーの時だけは市販のカレールーは使いません。といってもブレンドする技術もない為、ガラムマサラを使用しています。肉も野菜もたっぷりの時間かけて煮込んでいる為、旨味もとろみも充分ついています。肉のおいしさで充分うまいカレーに仕上がっていますし、スパイスが効いた辛口のカレーが好きなため、変な重たさも必要ないからです。うちの欧風カレーは家族全員のお気に入りです。時間をかけるくらいで他は簡単なのでぜひ作ってみてください。

 

こうすればカレーは美味しくなります。

水を使うのではなく、果汁100%のトマトジュースを使う方法があります。レシピに書いてある水の量の1.1倍トマトジュースを使い、無塩のもの使用してください。これによって滑らかさ、酸味、コクがあるカレーになります。トマトが苦手な人は水ではなく炭酸水を使ってみてください。水より柔らかく煮込めますし、カレーの旨味が野菜に浸透しやすくなります。特濃牛乳を入れてもいいと思います。レシピの水の量の1割入れ、トマトジュースと合わせると高級欧風カレーの味わいになります。小さいブラック缶コーヒーを半分くらい入れるのもいいでしょう。苦みが旨味に変わり、ぼやけた味が引き締まります。玉ねぎはみじん切り、薄切り、くし型切りの3通りを全て入れてください。それぞれの切り方で出てくる旨味が違うため、味の幅が広がります。特にくし型切りは玉ねぎ独自の旨味が残ります。みじん切りした玉ねぎはあめ色になるまでしっかりと炒めてください。カレールウも1種類だけでなく2種類のものを混ぜてみて下さい。それぞれのスパイス同士がいい味を生みます。カレールウにターメリックやクミンを合わせてもいいかもしれません。ポテトチップスを入れるのもいいと思います。カレー10皿分に対して、コンソメ味1袋もしくはカラムーチョ半分の割合です。コクが強まるだけでなく、ポテトチップスが香ばしさをプラスします。火加減も重要です。弱火でコトコト煮込んでください。強火にするとカレールウがダマになってドロドロになってしまいます。唐辛子、バター、にんにくを好みで入れてもいいでしょう。唐辛子は辛さやスパイスをパワーアップさせます。バターはコクと風味づけになりますし、にんにくは香りづけに使えます。そして砂糖も隠し味として重要です。まず甘みを感じ、ワンテンポ遅れて旨味、苦みを感じ、少し遅れて唐辛子の辛さを感じます。この味のつながりが美味しさをステップアップさせます。いきなり全てを試すのは大変なので、まずは水の代わりにトマトジュースを使ってみることから始めてはいかがでしょうか。

 

具材に味付けを

美味しいカレーを作るのは簡単なようで結構難しいですよね。我が家は試行錯誤した結果こんなカレーの作り方に行きつきました。まずは具材をカットするのですが、玉ねぎとニンジンは1/2ずつ程度で良いので別に追加して用意してください。あとで違う形でカレーに入れますので。それに加えりんごも半分くらい用意しといてください。
ではお鍋を用意します。皆さんも同じだと思いますが、お肉を炒めます。牛でも豚でもオッケーです。そして同じく玉ねぎとニンジンとじゃがいもを入れて炒めます。そこで塩と胡椒でしっかりと味付けをします。結構しっかりとです。そうしたら、水とルーを入れいつも通りですね。そして最後ですが、最初に言いました玉ねぎとニンジンとリンゴをすりおろし、カレーのなかに入れてまぜまぜ。それで終わりです。甘味のある美味しいカレーができあがります。皆さんもぜひ試してみてください。

 

辛いけど食べれる鶏肉カレー

カレーは好きだけど、辛いのは苦手なんで、でも辛くないカレーは物足りない。ちょっとわがままな願いですが、叶えるために自分であれこれ工夫して作るようになりました。
カレー粉は、どこのメーカーでもいいのですが辛口を使います。とても辛いものを使う方がより美味しくなります。
お肉は鶏肉です。これは皮つきのむね肉や手羽元なんかがいいです。ここでは皮つきであることが重要です。この皮から出る油が、辛さを抑えてくれて、マイルドな味の中に辛さがあるような感じを作り出します。
具材は、普通のカレーと同じで、じゃがいも、人参、玉ねぎなど好みのものを使います。
それらの具材をじっくり時間をかけて煮込みます。炒めたりすることはしないで、具材を入れたらすぐに水を入れます。具材を入れる順番は、まずお肉を入れてアクを軽くとったら他の具材を入れていきます。
長時間煮込むことになるので、具材は少し大きめに切ります。特にじゃがいもは形がなくなってしまうので、大きめに切っていれるか、入れるタイミングを少し遅らせます。
お肉に手羽元を使う場合は、3~4時間煮込んでいるうちに骨からお肉が取れてくるので、鍋から取り出します。別に入れたままでも大丈夫ですが、食べにくくなるし盛り付けに骨が入っているのは感じが悪いので、取り出すようにしています。
最後に隠し味です。鶏肉の油でマイルドになるといっても、すごく辛いカレー粉だと食べると辛さが先にくるので、これを抑えるためにコーラを足します。すると甘さの中に辛さがプラスされ、油がまざる独特の味になります。他にインスタントコーヒーを小さじ1杯、ケチャップ少々、ソースを少々足したら出来上がりです。

インスタントコーヒーを少し足すことでコクが増します。ただし入れすぎには注意して下さい。あくまで隠し味です。
完成したカレーは、コーラや鶏肉の量にもよりますが、辛くないと思いきやジワジワあとから辛さがくるカレーになります。

 

カレーを作る時にしっておくとためになること

カレーを作るといってもさまざまな作り方や考え方があります。家庭によってもゴロゴロの野菜が入っているカレーが普通のところもあれば、今流行のサラサラのスープカレーのようなものを好むところなどいろいろなカレーがあります。今回は、コロコロの野菜入りとかサラサラのスープ状などは考えず味にこだわって考えてみたいと思います。キーマカレーなどにも応用できますので試してみられても良いのではと思います。何をどうするかと言いますと、テレビ番組でも最近ちょくちょく取り上げられ始めましたが、焼き肉のたれを少し入れてみると格段に味に深みとコクがうまれます。冷蔵庫の中や棚の奥に半分くらい残っているもので十分です。加減は味を見ながら大さじで半分くらいから始めてみてください。各会社の味によって味はかなり異なりますが、不味くなる事はほとんどありません。その会社毎の味にそまってきます。ニンニクが多く使われているところはニンニク味がほのかにしますし、唐辛子を効かせてあるところは辛味が出てきます。注意するところは最初からたくさん入れない事です。取り返しのつかない味になることはありますので。家庭環境によって甘口が好きとか、辛口でなければいけない家庭などありますが、焼き肉のたれは面白いことに家庭環境にそった購入をしているので、通常甘口の家庭は甘口、辛口の家庭は辛口という風に購入されています。ですから大体カレーの味自体もそれに沿った味にできあがります。言い忘れましたが、焼き肉のたれの中にはカレーに必要な素材がほとんど入っているのでおおむね香辛料を増やしたと考えれば、何も間違えではないわけです。まずは、少し入れて試してください。お店の味のようになりますよ。