読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コリログ

青コリが書く雑文。ブラゲからガジェットまで

賢者タイムをちょっとHに医学的に解説する

インターネット インターネット-ネタ

賢者タイムとは?

「賢者タイム」という言葉をご存知でしょうか? 射精直後の男性に起きる思考の変化のことで、一時的に性的対象に対して関心が持てなくなり、性的欲求が一切取っ払われた無欲な状態。所謂、修行の末に「賢者」のような時間帯です。その影響で、後戯がおざなりになる男性も多数存在します。女性にとっては行為後に色々と話したい事もあるでしょうが背中を向けられいらっとされてがっかりという話も多いです。今回はそんな賢者タイムについて医学的に分かっていることで解説していきたいと思います。

 

眠れないときの対処法それは

モノクロームスリーブコレクション 「賢者」

歳のせいか眠っても途中で目が覚める事があります。不安で緊張して眠れない時世の男子諸君はなにをしますか?羊を数える?瞑想する?それも一つの有益な対処法かもしれない。しかし、中学生以上の男子はおそらく072(Googleのロボット様でも安心してお読みいただけるように市外局番にて表示させていただいております。)をされているのではないだろうか?いやしているに違いない。女性の方は全く共感できないし、分からないかもしれない。しかし、それはきっと男性が永遠に女性の月経の辛さを理解できないのと同じなのだ。例えば、SEO(Googleのロボット様でも安心してお読みいただけるように一部掛詞にて表示させていただいております。)のあと貴方がもっとアフターを楽しみたいにもかかわらず背中を向けて寝られていらっとした経験は無いだろうか?男は欲求さえ満たせばそれでいい冷たい人種である。そうおもわれているかもしれない。しかし、あの行為のあと男性はそこそこ猛烈な眠気に襲われているのである。快楽のまま眠りにつくのは非常に気持ちよく、子供の頃こたつに入ったまま寝てしった経験アレに通じるものがある。この男性にとって至福とも言える時間これを賢者タイムと呼ぶ。今回はこの賢者タイムに医学的に迫ってみたい。

 

TimTimがVimVimになるメカニズム

f:id:tmura3:20160531191144p:plain

賢者タイムがなんたるかを理解するためにはまず正常のTimTimがVimVImになるメカニズムを理解しないといけません。勃起・射精に関与する種々の性的刺激は、性ホルモンによる内分泌学的情報も含め脳の視床下部という部位に収束します。陰茎からの接触刺激は、陰部神経を介し、仙髄さらには脳へ上行していきます。そして内側視索前野(preopticarea;MPOA)、室傍(paraventricularnucleus;PVN)という部位に到達します。MPOA、PVNの異なる部位の刺激または損傷実験により、勃起および射精の誘発または消失が確認されており、同じ神経核内にも、勃起・射精を司るそれぞれの神経細胞や神経経路が存在していると考えられています。このことからのもMPOA、PVNが勃起・射精の発現に重要な役割を果たしていると考えられます。

 

アソコをギンギンにする物質とフニャらせる物質

勃起・射精に関与する神経伝達物質は以下のように分けられます。

賢者タイムに関係するのは抑制後ですので抑制に関与する神経伝達物質が関与している可能性が高いと思われます。

 

促進

oxytocin(OT)ドパミン(dopamine;DA)、刺激性アミノ酸(glutamate)、一酸化窒素(nitricoxide;NO)

 

抑制

opioid、ノルアドレナリン(nor-adrenaline;NA)、neuropeptide-Y(NPY)、γ一aminobutyricacid(GABA)

 

賢者タイムのメカニズムに迫る

賢者タイムと言えばなんとも言えない眠気はどこからくるのでしょうか?そこについては脳波からのアプローチがあります。マウスを使った実験でマウスでは射精により睡眠導入時などに見られる徐波が誘発されるという報告があります。では、なぜ射精時に睡眠の時などに見られる徐波が発生するのか?そこについて考えていきたいと思います。

 

そもそも、睡眠は脳のどこで調整されるのでしょうか?他の部位も関与していますが視床下部が実は睡眠の調節に関与していると考えられています。そう、勃起、射精と同じです。視床下部で睡眠がコントロールされています。

 

しかし、一言で視床下部といわれても実は小さいようで広いです。ここだけで体温、睡眠、勃起など様々な機能を一つでこなしてしまいます。そのため視床下部は内側視索前野をはじめ細かくわかれています。睡眠は外側視索前野という内側視索前野の真横に存在しており、その部位に一部の射精後に分泌されるホルモンが干渉しているのではないか?とも考えられています。

 

一つの仮説として睡眠については徐派は射精後に分泌されるGABAなどが関与することも分かってきており、賢者タイムは射精後に分泌されるGABAが眠気を誘うとも考えられています。

最後に

これはあくまでも仮説の一つで賢者タイムのメカニズムについては未だ分からない部分がほとんどです。しかし、きっといつかマッドな野郎が出てきてPETなどの最新医療器で解析をしてくれると思われます。

 

賢者タイムのあるある体験談

私は賢者タイムになると虚しさを感じます。


私には溜まりに溜まった性欲を放出するために、日頃からマスターベーションを行います。オカズにするものは特になく、妄想で性欲を放出します。やり方は至ってシンプルです。私の体に女の子が攻めまくる妄想をします。


女の子の年齢は14歳から30代後半までの女性で、あの手この手で私の体を襲うようなシチュエーションをします。

どのように襲うのかというと、具体的に言えば女の子の胸に押し付けられる妄想をしたり、女の子にペニスをいじられるような妄想をします。

また女の子と水着で海にでかけて、海岸ぞいでエッチなプレイをすることも想像したりします。

私は基本的にM体質なので、女の子に襲われるようなことを中心に妄想したりします。

こういった妄想をしている成果、頭が活性化されて女の子の様々な体をイメージできるようになりました。その結果、アダルトビデオやエロ本などがなくても瞬時に想像することが出来ます。


しかし、妄想をしながらマスターベーションをした時の爽快感の後は虚しさを覚えます。「なんで自分はこんなことをしているのだろう」という喪失感に襲われるのです。

しかしこういった賢者タイムの虚しさを知っていても何回も同じことをしてしまいます。結局人間というのは懲りない生き物だということです。