読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コリログ

青コリが書く雑文。ブラゲからガジェットまで

カレーを食べるつもりがなぜかうんこが食べたくなるTED動画1選

インターネット インターネット-TED

カレー味のうんこかうんこ味のカレー食べるならドッチ?

カレー味のうんこかうんこ味のカレー食べるならドッチ?という話を小学生時代に究極の選択の一つとして友人同士で出しあった経験がある方は結構居るはずだ。基本皆うんこ味のカレーを選択していたと記憶している。うんこを食べることなんて常識的に考えられない。小学生にうんこを喰えは荷が重い。3年ROMってろどころか成人済みとなり10年ROMらないとこれがご褒美と感じれるようになる価値観を得ることは出来ないだろう。うんこを食べるには長い年月が必要なことは間違いない。

 

しかし、実際うんこを食べるのは特殊な趣向を持つごくごく一部の人間だけだ。おそらく99.9%の人は成人になって同じ問いをふっかけてもうんこ味のカレーを選ぶだろう。炭水化物と油脂の塊であるカレーとほぼノーカロリーのダイエットに優しいうんこという情報を与えたダイエットに励む女性でさえもカレーを選ぶのだ!きっと、カレー味のうんこを食べるという人はキュウリを食べれない人間よりも少ないだろう。

 

つまり、どういうことか?当たり前のことをどや顔で言って大変恐縮だが、うんこは食べ物でないのである。うんこなんて排泄物だ。汚い。しかし、一時期昭和の時代尿を飲むという健康法が流行した。それが時代とともに色々と変化し今の時代の水素水となったのだ。

 

つまり、今僕がうんこを喰えと言っても誰もうんこを喰おうとしないだろう。当たり前である。うんこなのだから。しかし、そこに抗酸化のキーワードを盛り込んでみよう。すると、きっと数名のもう完全に行き詰まっている女性は食べるという選択を選ぶに違いない。そう、今うんこに何が足りないのか?効果効能である。

 

これから紹介する動画は腸内細菌の話を熱く語る動画である。腸内細菌叢、腸内フローラは最近最も医学的に注目されている分野で、腸は最大の免疫器官とまで言われている。いくら食べても太らない人といくら節制しても太ったままの人は腸内フローラが異なるといわれているなど、エビデンスは水素水より遙かに上で研究も十分だ。その中で最もクライマックスは他人のうんこを食べると自分の腸内に他人の腸内細菌が移植されるというものである。つまり、うんこを食べることは健康に非常にいいという結論に達する可能性が水素水より100倍はあるだろう。

この動画を見た後もう一度胸に手を当てて考えて欲しい。

 

カレー味のうんことうんこ味のカレーどちらを食べますか?