読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コリログ

青コリが書く雑文。ブラゲからガジェットまで

佐野さくらが抱える「吃音症」について医学的に解説する。

医療 医療-吃音症

I am a HERO(初回限定 Music Clips DVD付 盤)

『ラヴソング』

2016年4月11日からフジテレビ系「月9」枠にて放送中のテレビドラマである。第26回フジテレビヤングシナリオ大賞を受賞した倉光泰子のオリジナル脚本。主演の福山雅治は『ガリレオ』(2013年)以来3年ぶりの連続ドラマ主演。
吃音症のため対人関係に苦手意識を持つヒロインの少女と、元ミュージシャンで臨床心理士の主人公が音楽を通して心を通わせるラブストーリー。

吃音症(きつおんしょう)とは?

吃音症、いわゆる「どもり」は以前からありました。
ただ、一般的に、昔は「どもり」というのは、生まれつきの物を指しました。
体質的なものや、遺伝的な原因で、上手く発声できないものを指していました。
ですので以前は、「どもり・吃音」がそれ程、注目されていなかったのです。
ところが近年になり、成人になってから吃音症、どもりを発症する人がしばしば見られるようになって来たのです。
成人になってからの発症は、遺伝や体質ではなく、ストレスや心理的要因からくるものも考えられます。
つまり、吃音症というのは、遺伝や体質だけでなく、外的要因からも発症する病気であると考えられます。

 

吃音症の原因と対策

特に近年、対人関係が複雑になる事で、ストレスによる吃音症が増えているようです。
吃音症の原因としては下記の物が挙げられます。
・相手と話す時の緊張感
・何か失敗をしてしまうのではないかという不安感
・上手に話さなくてはいけないというプレッシャー
つまり、吃音症が起こる原因は、全て「自分の内部の感情」にあるといえます。
ですので、自分の感情をコントロールする事で、ある程度、吃音症を和らげる事ができます。

 

 

吃音症の種類

吃音症は、例えば会社員など仕事場で会話をする際に、言葉が上手に出ない状態です。
ですので、周囲の人間には、「吃音症」、または「吃音症気味」である事は、すぐにわかってしまいます。
周囲の人から見ると、「発声が変だな」と思う吃音のタイプは大別して3種類あります。
連発発声型:言葉の最初の文字を繰り返し発音してしまう
      例)「わ、わ、わ、私は○○と申します」
伸発発声型:言葉の最初の音を伸ばして発音してしまう
      例)「わ・・・・・たしは、○○と申します」
発声困難型:言葉の最初の一文字を言って、そこで言葉が止まってしまう
      例)「わ・・・(・・・・たしは・・以降発声が続かない)」
連発発声型の人は、会社に何人か見かける事もあるかもしれません。
これは、吃音症の中では比較的軽度なものだからです。
放置しておくと、伸発発声、発声困難と悪化して行きます。
発声困難型は、吃音症の最も悪化した状態と言われています。
そして、治るのも、最も難しくなっていきます。

 

吃音症の治療

医師の診察を受けて、吃音症と診断された場合、その指導により、下記のような治療をする事になると思います。
・薬物治療
・行動療法
・心理療法
まず、薬物治療ですが、これは脳の中のドーパミンの分泌を調整するお薬が主です。
吃音症の発症原因として、脳内の神経伝達物質のバランス異常が挙げられています。
この薬により、脳内の神経伝達がうまく行くようになり、脳から顔や口への神経伝達もスムーズになります。
その結果、吃音症が起こりにくくなるという治療法です。

次に行動療法ですが、これは、薬を飲むのではなく、行動により吃音症を直して行こうという方法です。
比較的症状が軽い方に多くなされる治療法です。
具体的には、吃音症患者が発声する時に、ある一定の「くせ」があります。
ほほに無駄な力が入っていたり、口を開ける時に首や腕を不自然に曲げたりという動作をする場合もあります。
これは精神的に、無意識のうちに体が動いてしまう物です。
この「くせ」を、トレーニングにより取り除く事で、治療します。
最初は、どうしても発声しようとすると、口のまわりに力が入ったり、せき込んだり、喉が詰まるような感じがしたりと色々起こります。
このトレーニングは、多くの言葉ではなく、一つのフレーズを滑らかに発声できるように繰り返し行います。
「くせ」をなくすように意識して、発声のトレーニングをします。
一つのフレーズが、上手く発声できるようになれば、次つぎと新しいフレーズの発声練習にうつります。

 

心理療法

これは、吃音症の原因が、「ストレス、対人恐怖」などからくる場合に効果的な治療法です。
自分が上手に発言しないといけない、人前では緊張してしまい声が出ない、失敗した経験がありトラウマになっている等、原因は色々あります。
ただ、これも、自分の感情をコントロールする事で、ある程度、吃音症を和らげる事ができるのです。
・発声は完璧でなくても良い(話の内容が伝われば十分)
・相手は自分の話し方をそれ程、気にしていない(会話は数分もたてば忘れる)
・話す内容をあらかじめ考えておき、いざとなったら紙を見て読む
(内容が伝われば、相手は特に気には留めません)
このように考え方を改めると、発声に恐れる事が無くなります。
その為、吃音症も比較的おきにくくなっていきます。


吃音症にならない為に

最後にアドバイスです。
吃音症とまで行かなくても、緊張したり、人前で言葉が出にくくなったりする人は多いと思います。
このような時、吃音症にまで進んでしまわないように、心がけるポイントがあります。
・自分の頭の中で話す事をまとめてから話し出す。
・ゆっくり、途中にある程度、空白の間を置いて、話す
・相手が早口で話しても、自分は自分のスピードで話す。
・もし吃音が出ても、気にしないで話を進める。
特に、成人してから吃音症が発症する人は、外的要因による場合が多いので、普段から気をつけておけば、吃音症にならずに済みます。
初対面の人と話す時は、どんなに話上手な人でも、緊張するとの事です。
話上手と言われている人でも、裏では、話をする内容を文章に書いて、繰り返し読んで練習している努力家もいます。

 

 

最後に

あんな臨床心理士はいないと本物の臨床心理士がぼやいていました。

 

福の音(完全初回生産限定盤)(3CD+Blu-ray+スペシャルタオル+特製三方背ケース仕様)

福の音(完全初回生産限定盤)(3CD+Blu-ray+スペシャルタオル+特製三方背ケース仕様)