読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コリログ

青コリが書く雑文。ブラゲからガジェットまで

清原和博がなぜ重度の糖尿病になったかを医学的に考察する

医療 医療-糖尿病

清原和博が血糖値900という報道の違和感

清原和博が拘置所に勾留中に持病の糖尿病が悪化した。そして、その血糖値は900を越えているという報道に違和感を覚えた医療従事者は多いのでは無いだろうか?糖尿病患者の最終駅で足が腐ってくる糖尿病壊疽の患者の足を切り落とすのが専門と豪語している友人の医師でさえ、2014年に糖尿病と診断ついて、治療介入されているにも関わらず血糖値900を越えているという例はほとんど見たこと無い。糖尿病内科では無いが糖尿病診療に片足を突っ込むくらい診療しているけどほとんど見ない。と驚くレベルの血糖値それが血糖値900である。まさに清原和博は野球だけでなく、糖尿病の怪物である。また、血糖値900という数値が拘置所という一般的に食事などが制限されている環境で起きているということはかなりの異常事態ではないか?あのホリエモンさえ痩せたのである。デブでさえ痩せる環境、まさに逆境をバネにという感じである。この報道が事実ならきっと、清原和博はそう遠くない未来多分死ぬ。そうまで友人は言い切っていた。無いことは無いが専門家からみても違和感を感じるおかしい数値、それが血糖値900なのである。

データで見る血糖値

では実際糖尿病患者の血糖値はいくらなのであろうか?東京の病院の糖尿病外来受診患者のデータが論文としてあったので紹介させて頂くと、糖尿病患者11451名のデータを見てみても一番コントロールが悪い群で血糖値176である。また、ドットブロットのグラフを精読しても最大が500台で600を越える患者は居なかった。それだけ規格外な怪物が清原和博である。ちなみに糖尿病合併症の割合は、神経障害11.8%、腎症11.1%、網膜症10.6%、足の壊疽0.7%となっている。

参考

http://mol.medicalonline.jp/library/journal/download?GoodsID=cq6endoc/2008/005505/016&name=0913-0923e&UserID=202.209.6.52&base=jamas_pdf

 

では何故清原和博は糖尿病になったのか?

しかし、一流アスリートであった清原和博が糖尿病になってしまったのか?限度を超えた暴飲暴食が原因と考えられているが、引退する2008年までは現役アスリートであったことから、それらの暴飲暴食を行っても十分代謝できる代謝的な余裕があったと考えられるだろう。そして、現役引退後の代謝低下にも関わらず摂取カロリーを下げなかったことが糖尿病発症に関与しているのは間違いない。しかし、清原和博のように一度はトップをとったアスリートの方が24時間お菓子ばかりを食べているデブニートよりも重度の糖尿病になってしまったことに僕は違和感を感じた。そこで、骨格筋と糖尿病の発症について調べてみた。

サルコペニア

 

サルコペニアを「加齢による」筋力低下・筋肉量低下とした場合、それ以外の要因の筋力低下・筋肉量低下をミオペニアと呼ぶことがある。また、加齢による「筋肉量減少」をサルコペニア、加齢による「筋力低下」をダイナペニアと定義する論文もある。ミオペニア、ダイナペニアともに各々においても定義が異なることがある。

サルコペニアは加齢に伴う筋力低下と定義される。骨格筋は血糖を下げるホルモンであるインスリンの最大の標的組織で、最もブドウ糖を上手に消費する臓器だ。これが減るということは、インスリンの効く場所がなくなる。つまり、糖尿病のキーワードの一つであるインスリン抵抗性が出てくるということに繋がります。清原和博の場合は厳密には老齢に伴う筋力減小とは言い切れませんが、トレーニングなどを行わないことにより急速に筋肉が落ちていきインスリン抵抗性が上昇し糖尿病の発生になったと考えられます。また、覚醒剤を使用することにより、認知機能が低下しサルコペニアに精神症状が合併したフレイルに近い状態になっていた可能性も奇行などから想像できます。

骨格筋における異所性脂肪

また、アスリートでは骨格筋に本来無いはずの脂肪が沈着することが知られており、持久的なトレーニングを多く行っているアスリートでは、骨格筋における異所性脂肪が多いがインスリン感受性も高いというアスリートパラドックスという現象が知られています。野球は瞬発力がメインの運動であると同時に持久力のトレーニングもハードに行いますので清原選手も骨格筋における異所性脂肪が増加しており、トレーニング中断と同時にそれが牙をむいた可能性も否定できません。

清原和博の予後

おそらく、現時点で報道が事実であれば、神経障害と網膜症は結構な確率でおきているのではないかと推測します。また、喫煙歴20年という報道もありましたのでそこから鑑みるに動脈硬化も進んでいて下手すると閉塞性動脈硬化症も合併してそうだなと個人的には思います。

 

こちらからの所見は以上です。

 

 

追加所見

清原和博は糖尿病性壊疽になって 足を切らなければならないか?専門家に聞いてみた。

腐ったり、感染が無ければ切るという選択肢をいきなり選ぶことは無いだろう。しかし、小さな傷から足壊疽になるのが糖尿病なので今後の血糖コントロールと足病変の定期検査は必須だろう。また、切断するならどこで切ることになるかが重要であることを付け加えておく。具体的に足の指だけ落とすのか、膝下から落とすのか、膝上から落とすのか、股関節から落とすのか?どれになるかが最も予後を決める因子になるかもしれない。また、報道で喫煙の話も出ていたので喫煙による動脈硬化の進み具合とかにもよるだろう。足の指だけなら予後としてそこまで問題は無いが足関節を越えると一気に

 

www.corylog.com

 

www.corylog.com

www.corylog.com

 

男道 (幻冬舎文庫)

男道 (幻冬舎文庫)