読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コリログ

青コリが書く雑文。ブラゲからガジェットまで

ランサーズでうんこを漏らしたブログ記事を東北弁に変換した。

生活-体験談 生活 インターネット-ランサーズ インターネット

みんな大好きランサーズ

「報酬が低い、稼げない。」という呪詛が渦巻くランサーズですが、発注の敷居のコストが安いってことはプロダクトを安くあげることが出来るのでもっとアイデアあるけど技術がない個人が参入して利用して面白いウェブサービスが出来た方がいい世の中になるよね。って思ってます。

 

今週のお題「方言」

そこに飛び込んできたのは方言というキーワードこれはイマイチだった記事を方言に直して面白い記事が作れるのではないか?という着想を発注をかけてみました。ちなみに単価は324円(税込み)です。300円以下の発注は記事数が集まらない事が多いことと300円未満の決済はランサーズでは出来ず、自動繰り上げで300円取られる。ことから時間かかるわ、3件あつまらねーわな100円案件はもったいねということに気がついてしまったわけでございます。

 

ちなみに元ネタはこの記事

www.corylog.com

 

最後の研修のどぎにウンコば漏らして、どやすべ!ど思った話

 

あれはわーがホームヘルパーの資格ば取るための最後の実習に、ある特別養護老人ホームさ向がってらった朝のごどだったんだじゃ。
もどもど胃腸がようぇーわーは、電車さ乗ってらった時がら下っ腹さなんだがへったら感じば覚えでらったんだども、そのまま最寄り駅で降りで、さらにバスさ乗って、特別養護老人ホームば目指していだったんだども、途中がら、どやってもわがねーくれーの便意ば感じ始めだのさ。


あったら時の人間の状態ってばよ、ながなが独特だっきゃせ。バスば降りで近くのトイレば探すが、それとも目的地まで我慢ばしてトイレさ入るが。そう決めかねでいる間さもわたわたどバスは進んでいってよ。やだら便意が増したのさ。しかもそのバスが走っているどごが辺鄙などごでよ、回りさコンビニもねーし、公衆トイレもねーのさ。


車窓さ流れでら景色ば虚しぐ見だりしながらも、わたわたど便意がきてよ、手のひらさあぶら汗がやだらと出できて、頭の中は、はー虚ろさなってしまってさ、んだどもウンコば漏らしてはなんねーど思ってお尻さ力ば入れで、あど肛門さも力ば入れでばっかでよ。んで最寄りのバス停さ着ぐころさは、はー限界点に達してらったんだども、そごがらわったど離れでる特別養護老人ホームさ向がって歩ぎ始めだんだじゃ。


だどもあったら時、人間はその意思に反してさ、思ったよった歩ぎがだがでぎねーのよ。肛門さ力ば入れでらすけ、一歩一歩の足取りは小さがべし、走り出すったって一気に漏らしてしまうごどは目に見えでらったのよ。はやぐトイレさ行きてぇ、だども行げねぇ、この焦燥感の中でまだ便意が押し寄せできてよ、肛門っつー堤防ば決壊していぎそうになったのさ。
そったら自分の体ど、自分の意志どの激闘がどんだげ続いだんだべ。わーは自分の生理の法則に抗うごとができなぐなったすけ、ついにウンコば漏らしてしまったんだじゃ。


んだども、そこがらがわーにとっての本当の闘いが始まったんだじゃ。今考えれば、研修先さ連絡ばして、今日は体のぐえぇが悪いすけ行ぐことができねぇって理由ば作って、その日は研修に行がねぇっつう選択肢も取れだんだと思うんだども、根が真面目だすけわーはウンコば漏らしたまま研修先さ向がったんだじゃ。


研修先ではポーカーフェイスで決め込むごどさしたのさ。朝の挨拶前に速攻でトイレさ入ってよ、ウンコが付いでらったパンツばそのまま便器の中さ流し込んでさ、入念にお尻ば拭いだんだじゃ。んでズボンさまで付いでらったウンコも入念に拭き取ったんだじゃ。


んでその日、一日はノーパンで過ごすことに決めだのよ。んでいよいよ研修先のスタッフと挨拶ば交わして、お年寄りだちの介護方法の実習が始まったのさ。わたわたど、食事介護や入浴介護の実習ばしたり、入居してらお年寄りたちがケンカば始めだり、歌ば唄っだりしてらったんだども、わーはいづのまにがノーパンでいだごども忘れで、実習に夢中になってらったのさ。


んで、お昼の休憩も終えで、午後からの実習ば終えれば、はーこれでいよいよヘルパー二級の資格がもらえるど思ってらっすけ、はーよ、自分がノーパンでいだごどば忘れででさ、自分が便器さ叩き込んだパンツのごどだず頭の角さもねがったのよ。


午後からの実習は、体の不自由なお年寄りのための寝返りのうだせ方に関するものだったんだじゃ。わーはその時、研修先の女性スタッフどマンツーマンで実習ばしてらったんだども、そのうちに彼女がこう言ったんだじゃ。
「なんが便臭ぐねーが?」
彼女はわーのズボンさ付いでらったウンコの匂いば嗅ぎ取ってらったのよ。わーどしては自分では気づかねがっだし、もうそったら匂いを辺りにまき散らしてらっつーごども、なもかもはー忘れでらったすけ、不意打ちを喰らった気になったんだじゃ。


「えっ!んだすか?」
それでもわーはポーカーフェイスを決め込んでらったの。まさか自分がウンコば漏らして、パンツば便器さ叩き込み、現在ノーパンでいるだす、どやっても言えねがったんだじゃ。
夕方さなって、研修は終わったのさ。わーはそのままノーパンでうぢさ帰ったんだじゃ。

 これはこれで言葉の破壊力が増して面白いんじゃないかと思いましたがどうでしょうか?