読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コリログ

青コリが書く雑文。ブラゲからガジェットまで

8割の花粉症患者の症状が改善した舌下免疫療法についてまとめてみた

医療 医療-アレルギー

抗原特異的免疫療法とは?

少量の抗原を徐々に増量しながら体内に摂取、抗原特異的に過敏性を減少し、体質改善を期待する治療法で1911年にイギリスのLeopard Noon氏がカモガヤに対する治療を報告したのが始まりとされている。また、この治療法は1998年にWHOがアレルギー性鼻炎、喘息の長期寛解(ほとんど良くなること)が期待できる唯一の治療であると言っています。

それまでの抗原特異的免疫療法

この舌下投与療法が世に出るまでは皮下注射法といい、皮下にアレルギー物質が入った注射を行う方法が主流でした。効果も確認されておりアレルギー症状を約40%から50%に減少させることに成功しました。しかし、頻回の通院や注射の疼痛、250万回に1回とまれな副作用ですが起きると命の危険があるアナフィラキシーショックなどがあり広くは普及しませんでした。そこで安全でかつ負担の少ない方法の開発がおこなわれました。そこで開発されたのは舌下免疫療法です。

舌下免疫療法とは?

2014年にスギ花粉舌下免疫療法(シダトレン)が保険適応され、現在までに1万3千人に導入されている治療法です。さらに、アレルギー性鼻炎、喘息に対して2015年12月からダニの舌下免疫トリイ舌下錠が保険承認されました。方法はシンプルで舌下に花粉エキスを1滴落とすだけです。注射では無いので家で行えますし、副作用は少ないと言われています。

舌下免疫療法の適応は?

舌下免疫療法の適応は12歳以上で血清スギIgEスコアが2以上、重症度は問わないとなっています。

舌下免疫療法の適応とならない人

重傷な気管支喘息患者、ステロイド内服中の患者、抗がん剤で治療中の患者、妊娠している患者などがあります。

舌下免疫療法後やってはいけないこと

服用後5分間の食事、うがい。服用前後の入浴、運動、アルコールはやってはいけません。

舌下免疫療法のポイント

  • 最低2年間以上継続することが必要
  • 毎日行うマメさが必要
  • 月に1回程度通院できる
  • 終了後効果が減弱する可能性

 

併せて読みたい

 

www.corylog.com

 

 

 

【第2類医薬品】アレジオン20 12錠

【第2類医薬品】アレジオン20 12錠