読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コリログ

青コリが書く雑文。ブラゲからガジェットまで

嫁に悪阻(TSUWARI)がきた

医療 医療-妊娠

嫁にTSUWARIがきた

ついにこの時がきてしまった。嫁に悪阻(TSUWARI)がきた。結婚生活3年間(セックスレス)に一回も見せたことが無いような辛そうな嫁の表情などからもそのしんどさは読み取ることができる。きっとこれはマンピーのG★SPOTを刺激したときの表情もこんな顔なのかもしれないけれども今となっては確認する術を僕は持ち合わせていない。

月経前症候群

女性は生理前にホルモンバランスによりモーレツに機嫌が悪くなることがある。これを月経前症候群というらしい。この言葉と定義を知ってテンションがあがり、職場の機嫌が悪い女性をみて「○○ちゃん、機嫌悪いね。もしかして生理か?」とC調言葉で聞くとたちまちセクハラで訴えられてハラスメント委員会とかいう怖いおじさん達とフェミに囲まれる尋問会に出席することになるらしいのでみんな気をつけよう。

エストロゲン

これの原因は一般的には原因は明らかでは無いけれど、エストロゲンといわれている。そのホルモンが妊娠初期は整理の時よりもさらに上昇する。つまり、僕が言いたいのは生理前の嫁の比じゃないくらい今の嫁の機嫌が悪い。どれくらい機嫌が悪いのか?もはや、触るな危険レベルである。アスペルガー症候群気味な僕でさえ「嫁、妊娠、機嫌」の3つのキーワードでググるレベルくらい追い詰められていた。
 

ある受け答え

俺「悪阻は無理しないようにおなかの子供がきっとサインを送っているんだよ。僕もまだ至らないところは多いけどしっかりサポートするからね。愛しのエリー。」と書いて送ったんだ。この発言小町で書いたらきっと「優しい、理解のある夫ですね。」ときっとこの発言についてはポジティブな意見が集まるくらい無難な良いコメントを書いたと思ったんだ。自己採点は100点だ。僕が想定した答えはもちろん「ありがとう、辛いけど子供のため二人で頑張ろう。」十中八九みんなそう想定すると思う。しかし、彼女からのコメントは辛かった。

「普通のことを普通に出来るようになってください。」

僕の心は折れそうになった。マタハラの定義とは逆の状況、妊娠を盾に夫が生きるサンドバックとなるこの現象。意外とマタハラマタハラと騒がれているがその影で生きる屍リビングデッドとなった夫達がいることを世間は忘れてないだろうか?これになんて名前がついてるかはわからないけどきっと名前つけるとしたら逆マタハラだと僕は確信した。

僕はいつも「普通って何だ。」と自分に問いかける。異常集団に居ればそれが普通になる。そういう意味では「猪木の常識、非常識!」といったアントニオ猪木は偉大と言わざる得ない。ただ、一つ言えることは「嫁は僕を普通とみていない。」それだけが伝わるこれ以上無いシンプルなメッセージ。これに僕はどう答えていくか?「普通って何だ?」という僕の禅門答は始まったばかりだ。

 

TSUNAMI

TSUNAMI