読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コリログ

青コリが書く雑文。ブラゲからガジェットまで

児童虐待を疑い児童相談所に通報した手順や体験談まとめ

生活 生活-虐待

 

僕は、接客業を生業としている面があるので職場には色々なひとが来ます。また、僕が仕事をしているのは大阪でザ大阪、リアル北斗の拳として紹介される西成区とは違いますがそれに近いところで仕事をしているので、なかなかユニークな方が来ることが多いです。そこで石の上にも3年ではないですが、10年も接客を続けていると話して最初の3分くらいでコイツ頭おかしいな、精神病んでるなという違和感を感じるくらいのスキルは自然と備わってきました。呂律の微妙な感じとか、清潔感が一般人離れしているとかいろいろなものを総合して頭の中でスコアリングしていると思うのですが、最終的にはうまく言語化できないけど直感が一番大事だよねという人並みの結論にたどり着きました、そっちから先のピリオドの向こう側はまだみえません。

 

本日のお客様は親子で来られたので僕が対応していたのですが明らかに母親がおかしい。どうおかしいのかというと40代前半なのに歯が一本も無い女性でした。話していても会話は「はい、はい。」とリアクションはいいのですが「この人たぶん何も理解してないな。」と僕は内心思っていたわけです。この人はきっとこういう地域でよくある頭が悪いで済まされない障害を周囲が無知のために頭が悪いで済まされて育ってしまったかわいそうな人だと感じたのですが、こういう方は商品の説明に対する疑問などもそこまでいだかれないので基本接客トラブルになりません。

 

しかし、だいたいこういう人にはそれを食い物にする配偶者とか内縁の夫とかがいるわけです。案の定、満足いただいて帰ってきただいた矢先クレームをつけに参りました。こういう時相手には2パターンあり、「僕が君を守る。」と僕にはもてない鋼の意思の方なら丁寧に説明させていただければいいのですが、こういう方はまれです。個性的で会話が成立しないどうしようもない方が多いです。

 

今回は後者でした。土曜の昼なのにこの時代アニメでも見ないような酩酊状態、母親と子供を見て声かけるだけで子供が号泣。それだけならまだ「何かありそうだな。」くらいしか思わなかったと思いますが、お母さんまで号泣し出したので「これはきっとヤバいやつだ。」感じた。このまま放置して幼稚園にも満たない子供にトラウマ植え付けて社会から脱落させちゃいけないといういつか失ったはずの変な正義感がでてきた。今回のような案件は初めてだったので僕個人だけの判断だと客観性、妥当性に自信が無い。そこで、3アウトシステムを今回は採用した、周辺でその一部始終を見ていたスタッフにも数名確認。全員がクロでしょうと言う判断だったので、ウチのクレーム対策部署に連絡。虐待疑惑の家族がきてるんだけど。というと確定した証拠が無くても、疑いでも通報するのは義務づけられています。というお返事。あとはクレーム対策部門がやってくれると言うことでそのままお願いした。

 

 

(児童虐待に係る通告)
第六条  児童虐待を受けたと思われる児童を発見した者は、速やかに、これを市町村、都道府県の設置する福祉事務所若しくは児童相談所又は児童委員を介して市町村、都道府県の設置する福祉事務所若しくは児童相談所に通告しなければならない。
2  前項の規定による通告は、児童福祉法 (昭和二十二年法律第百六十四号)第二十五条 の規定による通告とみなして、同法 の規定を適用する。
3  刑法 (明治四十年法律第四十五号)の秘密漏示罪の規定その他の守秘義務に関する法律の規定は、第一項の規定による通告をする義務の遵守を妨げるものと解釈してはならない。
第七条  市町村、都道府県の設置する福祉事務所又は児童相談所が前条第一項の規定による通告を受けた場合においては、当該通告を受けた市町村、都道府県の設置する福祉事務所又は児童相談所の所長、所員その他の職員及び当該通告を仲介した児童委員は、その職務上知り得た事項であって当該通告をした者を特定させるものを漏らしてはならない。

その他体験談

 聞こえる音や声

 自分の近所のお宅がもしや、虐待かも、、と思った場合、児童相談所に連絡しようかと悩みます。
でも、本当に虐待なのか、しつけの範囲なのか、その家族にはそれぞれ、他人にはわからない悩みや困難があるのに、おせっかいにそんなことをして、お母さんがかえってそのことで悩んでしまったり、近所付き合いが今後難しくなってしまったら、、そんなことを考えると、ついつい、知らぬ存ぜぬで済まそうと思ってしまいます。でも、取り返しのつかない事態になってしまっては、一生、十字架を心に背負うことになります。おせっかいと言われても自分の心に誠実になった方が余程いいのだと思います。
なぜなら、もし、虐待であった場合は、第3者の介入がないと子供はそこから抜け出せないからです。
では、どう判断して通報するか。自分の生活の場合、うちの息子は、喧嘩になると、物を投げたり、大声を上げたりします。その時に私も主人も、大声で叱るため、よそから聞いたらどんなふうに聞こえるのだろうといつも、思います。
喧嘩であっても、それを止めるために感情的に叱る声でもほかの人が聞いたら、虐待かもと思うのではないかと思うのです。
やはり、頻度、子供の年齢、子供が反論している声が聞こえるか否か、一方的に怒られてるのは、子供が委縮して反論できない状態にあると思います。
それが毎日、何度もとなると、親が感情を抑えられない状態にあるのではないかと思います。
それに加えて、子供がいわゆる虐待に当たるような症状がある。衣服や爪、など、明らかに手をかけられてない。でも、実際に、通報となると、簡単にはできません。虐待ではないのに、そう疑われただけで、ショックも大きいので、近所の方に相談して、耳を傾けてもらって、やはり間違いないとなると、学校や児童相談所に理由と共に通報が必要なのではないかと思います。

 

 

いち早く通報をしなければならない。

一年くらい前に某デパートの駐車場で幼い子が泣き叫ぶ声が聞こえてきました。
丁度ガードマンさんかも見えなくて一番奥の死角に部分になるので、最初はどこから泣き叫ぶ声が聞こえているのは分からないでいました。

私もその方向に車を止めているので、恐る恐る泣き叫ぶ声のする方向へ近づくと、高級車の前に幼い子が立ちすくみ泣き叫んでいるのです。よく見ると車の中には父親らしき男性が乗っていて車の中から幼い子に何か叫んでいました。

私は怖くなり何も言えませんでしたが、私が自分の車に乗ろうとした瞬間に父親が車から出来てて、何度も幼い子を叩いたのです。
多分私の存在に気づいていましたが、かっとすると人に目なんて分からなくなってしまうだと後から思いまいたが、結果、その時に私は言葉すら発することが出来なくて、そのまま引きずらるように子供は車に乗せられ、車は駐車場を去りました。

あまりのことで車のナンバーを暗記する事もできない恐怖心でした。
大人の私があんなに恐ろしかったのですから、あの子供はどんなに恐ろしかっただろうと何も出来ない後悔だけが残りました。

帰宅してすぐに役所に勤める友人に連絡をしてその事を話すと、これからそんな場面に遭遇したら、注意なんて出来なくていいから、(189)に電話をして通報して、車ならナンバー、近所の家ならば住所を伝えて欲しいと言われました。
189は「いちはやく」通報して子供を守るという意味はある番号で、通報して助かる命もあると言われました。

また児童相談所に通報する事はすごく勇気がいることかもしれないけれど、自分が通報したと通報した子の親に分かることがないし、もし名前を言いたくないなら匿名でも構わないから通報して欲しいと言われました。

それからは手帳に189をメモしています。
次に子供が恐怖に覚えたりおかしいくらいに泣き叫んでいたら通報したいと心に決めました。

ルポ 虐待: 大阪二児置き去り死事件 (ちくま新書)

ルポ 虐待: 大阪二児置き去り死事件 (ちくま新書)

 
子ども虐待 (講談社現代新書)

子ども虐待 (講談社現代新書)