読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コリログ

青コリが書く雑文。ブラゲからガジェットまで

元廃課金者が教えるソシャゲのやめ方

医療 医療-依存症

今週のお題「今年こそは」

今年こそ。きっとみんなそう思っている。しかし、今年も駄目だろう。きっと、そう思っているほとんどの人がそうなる。新年の目標なんてそんなもんだ。王子様が白馬に乗ってやってくると信じるアラサー女子や声優はみんな幕張メッセであると信じている声豚とかわりない。儚いから夢。目標はたててても達成出来ないことを経験的に知っているから年に一回しかPDCAサイクルを回さない。しかし、地球はお構いなしにグルグル回る。そして気がつけば大晦日。一年なんてそんなもんだ。

そんなきっと今年も達成されないような目標がインターネットのエントリーがダンス、ダンス、ダンスしている。これがサタデーナイトでなく正月フィーバー。

 
しかし、もうすでに禁煙、禁酒、オナ禁、パチンコ禁など禁止系目標を掲げた人は何名か心が折れてやっちまったのではなかろうか?責めることはしなくていい。俺だって嫁以外で出さないという崇高な目標を立てたが正月のDMMのセールに耐えることは出来なかった。それが人間というものだ。ダイエットとかオナ禁とか禁酒、禁煙について止める方法を教えてくれと言われても全くアイデアがないが、課禁(ソシャゲの課金禁止)ソシャゲをやめるということなら僕の時間だ。
 

アンインストール

ふざけるなと石を投げないで欲しい。僕は本気だ。やめれないなら消してしまえばいい。ソシャゲなんてちょっとめんどくさい境界型人格障害の彼女のようなものだ。別れる寸前まではセックス出来なくなることや、この子は俺が居なくて生きていけるのだろうか?なんてことを考えるが、結局自分の人生をとって別れてしまえば意外に別れた彼女の方が速攻彼氏出来て幸せそうにしていて、こっちは数年彼女が出来ない。そういう経験が無いだろうか?同盟の仲間が気になる。俺が居ないと同盟が回らない?それは幻想だ。自己満足だ。会社も俺が居ないと回らなくなる。会社が終わると思っていたが会社やめたら過去最高の業績とかそういうこともあるだろう。だから心配するな気にせずアンインストールしろ!

 

 

機種変更

機種変更をしろ!iPhone6s?だれがそんなものに機種変しろといった?ガラケーにだ。Line?Twitter?その辺はガラケーでも出来る。心配するな。Facebook?そんなお友達が居るやつはソシャゲーをしてはいけない。早く、そのお友達とBBQをして炎上するんだ。あとはくそ安いSimフリー端末に変えろ。機種代?そんなものガチャ何回分だ?お前の今までの課金で何台そのスマホが買えたかを思い出すんだ。

なるべく奥にアプリを置く

きっとここまで無茶ぶりばかりやりやがってこのくそやろうと思っているのではないか?思っていることはもっともだし正論だと思う。しかし、そこまでしないとこの地獄からは抜け出せないほどこの闇は深い。しかし、ここまでコストをかけれない。日本人の美徳であるモッタイナイの精神をここで発揮してはいけない。では、どうすればこの地獄から抜けてソシャゲをやめれるのか?無料で出来てかつ効果抜群の方法がある。アプリをフォルダーの奥におくのである。できれば4-5タップで到達できるくらいの深度に置くのがベターである。

 

 

フォルダに置くだけでなぜやめれるのか?理由はストレスである。ソシャゲ課金社は待つことが出来ない人種である。お小遣いを貯めてほしいものを買うという小学生が出来ることが前頭葉が老化して弱くなり制御が聞かなくなり出来なくなってしまったミスターチルドレンなのである。つまり、ソーシャルゲームは課金する人間に対してストレスを除去することで快適にプレイをさせることがビジネスモデルだ。魅力的なキャラとかかわいい女の子とかは薄い本にお任せして、パーティー組む場合はステータスが高いキャラが欲しい。そして楽して効率的にゲームをクリアしたい。それがガチャであり課金の真理である。

 

では、これをやめさせるにはどうすればいいのか?ストレスを自分で与えればいいのである。つまり、ソシャゲちょっとめんどくせーなーと思わせるのが一番いい。めんどくさい人間と付き合いたいかと問われればほぼ100%嫌がるだろう。そして、返信がめんどくさくなればどんどん縁は遠のき人間関係は疎遠になる。理論はそれと同じである。起動するときに数タップすることで起動時のストレスを加え、このゲーム起動するのめんどくさいな。と感じれば自ずと起動頻度は減る。そして、気がつけば課金が減り、そしてソーシャルゲームをやめることが出来ているというメソッドである。

 最後に

元ソシャゲ廃人の僕が言うのもなんだが、ソシャゲをしていた事に後悔はしていないし、色々経験させていただいたと思う。しかし、もう少しその時間を有効に使えなかったのか?そこだけは後悔している。今その時間を使ってブログを書き出した。

今日はここまで。

 

 

 

www.corylog.com

www.corylog.com