読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コリログ

青コリが書く雑文。ブラゲからガジェットまで

茶のしずくによる小麦アレルギー患者は自然治癒することもあることを伝えたい

医療 医療-アレルギー

茶のしずく石鹸関連エントリーがなぜか盛り上がってきてるのでセカチュウならぬ渦中ど真ん中を血反吐を吐きながら生きている(現在進行形)ので少し補足させていただく。

このあたりは先のエントリーが非常にきれいにまとめて下さっているのでそちらを拝読して頂いたら幸いです。
 

茶のしずく石鹸のアレルギーとは?

茶のしずく石鹸による小麦アレルギーはグルパール19Sという物質に対するアレルギー反応で即時アレルギーに分類されます。

茶のしずく石鹸のアレルギーの予後報告

実は茶のしずくアレルギーの予後については日本アレルギー学会化粧品中のタンパク加水分解物の安全性に関する特別委員会の方から予後の報告が今年出ている。

最終登録例2011例(女性96%:男性4%)で経過が確認できた192例中89%はコムギを摂取しており,GP 19S特異IgE抗体はほとんどの症例で経時的に減少していた。

 加水分解小麦タンパクによる食物アレルギー グルパール19Sによる即時型コムギアレルギーの全国疫学調査およびELISA法GP19S特異IgE抗体の推移;松永 佳世子ほか
アレルギー (0021-4884)64巻3-4 Page466(2015.04)

2014年12月現在,35 例は摂取しても症状の誘発を認めていないこのうち摂取を避けているのは2例のみで,その他は摂取しても症状の誘発はなかった。

加水分解小麦タンパクによる食物アレルギー 加水分解小麦末(グルパール19S)含有石鹸による小麦アレルギー55例の臨床経過 佐野 晶代ほか アレルギー (0021-4884)64巻3-4 Page466(2015.04)

つまり、半数以上の人は小麦摂取をある程度の期間控えることで自然治癒しているというデータが出ている。

診断がついたあと経過をおえた人は少ない

この報告を読んでいて経過追えた人が意外に少ない印象がある。つまり、実際は食べれる可能性があるのに食べずに生きている人が居る可能性がある。その人達は不幸だ。一時的に食べれなくなったパンが食べられる可能性があるのにそれに気づいていない。そのために食べれないのだから。パンがだめならお菓子で良いじゃ無いではない、パンが食べれることが現在の食生活に於いて大事なのだ。今回はこのクソみたいなブログで一人でもその人に伝わって欲しくて筆をとった。

自己判断で食べるのは危険

もし、食べてみようと思ったら自宅でやるのは命がけのチャレンジなので絶対に病院で医師の管理の下挑戦して頂きたい。