読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コリログ

青コリが書く雑文。ブラゲからガジェットまで

でかいCFを夢見たあるエージェントの手記

Ingressーネタ Ingress

イングレスにイルミネイターというメダルが追加された。イングレスというゲームは簡単に言うとデッカい三角形つくれば偉いゲームなのだが、それのデカさをついにGoogleが正式に評価したメダルだある。

 
これは賛否両論あったが、長くてデカくて緑で濃いのを日本列島にぶち込んでしまえば一撃オニキス(イングレスでいう最上級メダル)を獲得する大チャンスもないわけではないのである。細かく作ってこまめに稼ぐという考え方からCFに生き様ではなく浪漫を込めることが評価され始めた日である。
 
エージェントは実績のためにイングレスをするんじゃないという高い志を持つ方も多くいらっしゃるが、僕のように実績たまるのたのしぃーっ。というプレイスタイルの方も少なからずいる。
 
Google+でも実装当日ゴールドだ、プラチナだ、オニキスだとみんないきなり高レベルメダルがふり注ぎ、予定外のレベルアップに歓喜するもの、初期メダルでレベルアップに拘っていたため不貞腐れたもの、反応は様々だったがここに1人不平を漏らすものがいた。
 
なぜ、、シルバー?
 
CF関係の実績は全てゴールドを取得済みにも関わらずシルバー。こんなに頑張ってこれだけか。僕は短く小さいコントロールフィールド略して短小CFばかり作っていたのだ。計算して平均20MU。これは恐らく平均のかなり下偏差値35位だろう。こんな成績とったのは国家試験前の模擬試験以来だ。幸い国家試験はギリギリ滑り込めたが、イングレスでは厳しい。Googleからは全く評価されていなかった。
 
しかし、ここである欲望が芽生えた。デッカいCF作って高レベルメダルを一発ツモ。倍返しだ。これは男の浪漫である。でっかいの欲しいの。いつの間にか欲しがり屋さんになっていた。しかし、僕はCFなどの大きさを一切考えたことがない。キーも持ってない。インテルマップ?あんな重いもの誰が何のためにウォッチしているのかわからない。そう考えた時もあった。
しかし、気がついたら家でやること無い時間はインテルマップとにらめっこな毎日。そんなある日、ふと一本のリンクが目にとまった。恐らく多くの人にとってはタダのクソみたいなリンクだが、僕には輝いて見えた。これを回収したらデカいCF作れるんじゃないか?
 
世間では犯人はヤス、使えない上司がラスボスなど本当の敵は味方という事を揶揄する言葉は数多く存在する。イングレスでは本当の敵は青ではなく味方のひいたクソリンクが敵だ。世間はそう思っているに違いない。しかし、このクソリンクは僕に対するイングレスのお題である。そう認識を改めクソリンクからのCF作成をした。その実績なんと6000MU!市街地で作ったちっぽけなCFプロから見れば全然たいしたことないが今まで僕が作ったCF300個分の価値がこのクソリンクを回収したCFにはある。
 
だが、このクソリンクを回収してこの価値かという現実を突きつけられる。やはりオニキス、プラチナの壁は高い。一撃浪漫砲にはまだほど遠い。しかし、僕が目指すべきはミリオネアなのだ。もっともっとデカいのがほしぃ。さらに大きいCFをワンオペで作ろうと画策しだした。
 
都会でCFはエージェントが多く壊される可能性が高く分が悪い。つまり、デカいCFを作るにあたり見るべきところは地方である。そう、アベノミクスが目指す地方創生はデカいCFを地方で作ることだ。きっと、そうに違いない。
 
そして、ついに禁断の道具車でイングレスを開始する。しかし、運転中スマホ操作など危なくて出来ない。そこでついに嫁を口説いた。
 
俺の横にいて俺の目(スキャナー)になってくれ!
 
返事がない、ただの屍のようだ。
 
とりあえず、その後日アウトレットに行くことで手打ちとなった。嫁にハックを仕込む。CFを作るのだから嫁をエージェントにリクルートすればいいのではないか?という話も無いことはないが宗教上の理由で無理らしい。そしていざ地方道へ。しかし、そこには地方の洗礼が待っていた。地方のポータルは公園、寺、道の駅、そしてローソン。しかし、そんな浅はかな思いを地方エージェントが許すのか?地方を舐めるな。そんな言葉が聞こえるような絶妙なガードリンク。CFを作るためにはそれらを切るという動作をしなければならない。細く暗い山道、行き止まり、カーナビが微妙。ガソリンが切れるのが先か嫁がキレるのが先かのチキンレース。そのレース俺は下りる。ネトゲは心を折るんですよ。そうブラウザ三国志で教わったが、まさか嫁に折られることになるとは想定外だった。帰り際頂点になりそうなローソンでCF。その価値3000MU。今までの僕のCFでは最大規模だ。しかし、はらった犠牲も多大。その割にはリターンが少ない。CFのMUは人口密度と密接に関係していることを忘れていた。
 
 
でかけりゃいいってもんじゃないのよ!という女子の本音をふと思い出したと同時にお兄さんはMサイズと風俗嬢に言われた昔の話が走馬灯のように巡った。
 
ちなみにこの作戦をしたのは平日夜。明日も仕事です。