読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コリログ

青コリが書く雑文。ブラゲからガジェットまで

Ingressサラリーマンの日常 帰宅編

Ingressーネタ Ingress
 今日も業務が終わった。しかし、本当の仕事はここから始まる。嫁がご飯を用意して待っていてくれる?今日は女子会らしい、家庭的タイムリミットはない。今から本気出す。サラリーマンからエージェントに華麗に転身する。腹が減っては戦は出来ぬ、まずは大阪のMAPを開きアイテム補給路を確保するため高レベルポータルが乱立する場所を見極める。理想は敵の高レベルポータルが乱立する場所。所謂水没地帯だ。そこに行き弾とレゾを乱獲する。きっちり4回全てのポータルを周りアイテムを確保。しかし、グリフハックがどうしても苦手だ。短期記憶障害かもしれないが多分みんなできないだろう。そう思い心の隅に老化という不安は捨て置く。そして、そこから手に入れたアイテムを使いこのポータル群を焼き尽くす。なんか、貢がせるだけ貢がして捨てるヒモのような最低な男だと自己嫌悪してしまうが、この広範囲にLV8バースターを乱射する巨神兵ごっこは病みつきだ。まさにセーラー服と機関銃。しかし、こういう場所は大体同じ穴の狢、補給に来ている敵エージェントがいる。携帯を覗き込み歩く人が皆エージェントに見えてくる。なんという人狼ゲーム。自分が破壊したポータルにレゾが経つと大体半径20メートル以内に奴らがいる。ポータルハックはなんとも思わないがリアルハックこれは怖い。マクドナルドでご一緒にポテトは如何ですか?と聞かれたら断れない人見知りな僕には知らない人からエージェントですか?とか聞かれるのはなかなか辛い。そう、思いながらも焼き尽くす為にバースターを連打し、レゾを刺しそして帰ろうとした時。

あのー?

はい。

警察ですがと職務質問された。

そして、終電を乗り過ごす。終電というタイムリミットがあったのを忘れていた。