読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コリログ

青コリが書く雑文。ブラゲからガジェットまで

大阪最強の朝食バイキングはホテルニューオータニということで俺の中では落ち着いた。

大阪 大阪-グルメ

やっとこの記事が書ける。先日ウェスティンホテルの朝食をとり、大阪の高級ホテルバイキングを全てコンプリートした。結果、大阪城公園の近くにあるホテルニューオータニのモーニングバイキングがどう考えても個人的には最強だと思ったので魅力を語る。

 

うどん

いきなりなんだ?朝からうどんって?うどん県こと香川県の話?そういう方多いと思います。ホテルニューオータニのモーニングにはうどんカウンターがあり、スタッフが目の前で茹でてくれます。目の前でオムレツなどを作るエッグステーションはホテルの朝食バイキングではよく見かけますがうどんコーナーは此処だけです。
 

 

いくら

いくら?お値段の話ではない。あのプチぷちとしたアスタキサンチンの塊である。ちなみに完全に余談だがアスタキサンチンはカロテノイドに分類される鮭やカニの赤色の色素だがあれ自体は自身では賛成できない。実は食べている植物性プランクトンの成分が蓄積しているということを最近しった。そのいくらが和食コーナーには置いてあるの山盛り。つまり名義上いくら丼食べ放題が出来る。これは北海道位でないと出来ないだろうそれが大阪のホテルで出来る。
 

グリーンジュース

なんだよジュースって?っと思うかもしれません。基本モーニングのドリンクはオレンジ、アップル、ミルク、水です。ここにシャンパンがあるのがリッツカールトンですが、朝から飲むは少し気が引けます。ニューオータニにはアセロラとオリジナルの野菜ジュースがあり、野菜ジュースがかなり美味しいです。
 

 

圧倒的品数

やっと普通のモーニングっぽい理由がきました。品数が大阪の朝のバイキングではヒルトン大阪とここが頭一つ抜けています。トマトベースのスープカレー中華点心などここで紹介したメニュー以外にも魅力溢れるメニューがあります。
 
大阪でこれらのクラスに泊まる時は少し贅沢なモーニングで選んでみてはどうでしょうか?