読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コリログ

青コリが書く雑文。ブラゲからガジェットまで

俺の栄養学 その4 ビタミンC

医療 医療-栄養学

ビタミンCの発見

壊血病というビタミンC欠損で起こる病気が大航海時代の船員の大問題であったバスコダガマは船員の3分の1を壊血病で亡くしたといわれるほどである。18世紀に入っても壊血病はイギリス海軍の悩みであった。大英帝国の海軍医官だったリンドは、壊血病で死ぬのは志願兵に多く、士官には稀なことに気付き、壊血病患者12人を2群に 分け、一方には従来どおり乾パンと塩漬け肉の食事を、他方にはレモンやライムを追加して与えたところ,レモンを与えた者はみるみる元気になったのである。  そんな人体実験じみたことからビタミンCは発見された。

 

ビタミンCの性質

 水溶性ビタミンのビタミンCは、B群ビタミンと異なり、生きた植物細胞中でも遊離型として存在している。そのため、速やかに消化管から吸収されて血中に送られる。食事から摂取したビタミンCもサプリメントから摂取したビタミンCもその生体利用率に差異はい。その吸収率は30~180mg/日程度までは70~90%と高い。摂取量が1日1g以上になると吸収率は50%以下になる。

 

日本人の食事摂取基準(2005年版).東京,第一出版,2005

 

ビタミンCは酸味を有する無色の結晶で水やアル コールによく溶ける。酸性には安定であるが、中性、アルカリ性、酸素、光、熱には不安定である。そのため,、加熱の伴う調理による損失は多い。

日本ビタミン学会:ビタミンの辞典.東京,朝倉書店,1986

 

どれくらい摂取が適当か?

ビタミンCは摂取量が1日80mgを超えると摂取量の増加に伴いそのまま変化せずに尿中に排泄される。また、1日摂取量が100mg以上では体内ビタミンCレベルを反映する白血球ビタミンC濃度がほぼ飽和する。

 

日本ビタミン学会:ビタミンの辞典.東京,朝倉書店,1986

 

それぞれ異なる推奨量

ビタミンCの食事摂取基準の推奨摂取量は1日100mgであるが、蓄積性のないことから日本ビタミン学会では 500mgを推奨している。FDA(米国食品医薬品局)は、1日勧告量として1 日当たり成人男子60mg、成人女子60~85mgを推奨し ている。米国の栄養療法学者らが推奨する量は、摂取量 500~3,000mgである。

 

Dietary Reference lntake for Vitamin C, Vitamin E, Selenium and Carotenoides. National Academy Press, 2000

 

過信は禁物

米国のポーリングは、ビタミンCを毎日1,000mg 摂れば風邪を引かないと提唱した。1日3g摂取した者は乳癌のリスクを低下させたという最近の論文もある。 ビタミンCの薬理作用を期待して摂取するときには1 日1~2gという説が多いが、いずれも厳密な臨床試験 を行ったものではない。薬剤との併用効果は必ずしも明らかでないが、抗酸化能を必要とする場合は処方が望ましい。

 

アンチ・エイジング医学一日本抗加齢医学会雑誌 VoL5 No.3 083 394-397

 

皮膚への影響

ビタミンCが欠乏するとコラーゲンがつくられない。 ビタミンCは血流を改善することで血栓を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞などの生活習慣病を防ぐ。また,毛細血管の脆弱性の予防やコラーゲンの萎縮、減少による皮膚の老化を防げる可能性が高い。潤い、ツヤ、ハリがなくなり、カサカサになり、シワが目立つような場合は、ビタミンC投与を試みるの もよい。また、ビタミンCはメラニンの生成を抑え、酸化型の黒色メラニンを還元して無色のメラニンにする。 そのため、ビタミンCはシミを防ぎ、そばかすを緩和する。

 

代謝への影響

葉酸や鉄の吸収を改善する。筋肉に多く、脂肪酸をミトコンドリアに運ぶのに必要なカルニチンは、ビタミンCが生成に関係する。

 

抗酸化作用

ビタミンCは脂溶性のビタミンEと協調的に働き、細胞膜の過酸化を抑える。喫煙者の血中抗酸化能を高めるには単剤よりもビタミンEとの同時投与が有効である。ビタミンCは酸化還元電位が最も低いので,ハイドロオキシラジカルのラジカルを水にして無毒化する。

 

ストレスとビタミンC

ストレスを受けると体のビタミンCが減るといわれている。体にはストレスに対抗するメカニズムとして、グルココルチコイドやアドレナリンなどのホルモンの作用が大きい。 下垂体と副腎は、ビタミンC濃度が最も高いところでストレスを受けることで急激に減少する。ビタミンCは脳にも多く含まれている。脳のビタミンCが減少すると, 精神機能や知的機能が低下し、精神的な機敏さ、精神運動作業が低下する。

 

アンチ・エイジング医学一日本抗加齢医学会雑誌 VoL5 No.3 083 394-397

 

青コリ的雑感

嫁の機嫌が悪いのでビタミンC足りてる?聞いてみましたが無視されました。