読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コリログ

青コリが書く雑文。ブラゲからガジェットまで

id:hagexさんの本を読んだあとid:hagexさんに釣られた事に気がついた。

生活 生活-読書

はてなの有名人のid:hagexさんが本を出すというニュースがここ数日はてなブログ界隈では盛り上がっています。しかも、そこそこ売れているらしい。アベノミクスバンザイ!と著者の方は言っているかはわかりませんが、個人的にいつも楽しませていただいているid:hagexさんのブログですので購入したいな、だけど紙の本だけか。。発行部数少なそうだし手に入るかな?とか一抹の不安がありましたが氏のブログでKindle版もリリース!だと!これは買うしかないということで購入してしまいました。

 
そして読みました。
買った瞬間秒速でページをスワイプしいきなり7章にまさに買って4秒で7章。他のところもきっと長年のhagexさんのノウハウ的なコラムできっと素晴らしい筈なんですが目次見て7章があまりにもインパクトがありすぎて思わずフライングしてしまいました。
 
では肝心の7章には何があるのか?7章には毎回丁寧に分かりやすく釣り解説をして下さるトピシュさんとの対談で構成されています。id:topisyu vs id:hagex。昭和でいえばアントニオ猪木対ジャイアント馬場。平成でいうと、、いい例えが思いつきません。おっさんでごめんなさい。
 
しかし、これを聞いて胸踊らないはてな村民は少ないのではないでしょうか?完全に内輪。しかし、そこに渾身の本編はあとでゆっくり読ませて頂くが、僕とってこの本を買った750円(税込み)の価値は7章そこに集約されていると言っても過言ではないタイトルを聞いただけで買ったばかりのゲームをオンにするような子供の頃の感覚を思い起こさせてくれた位この2人のコラボレーションは魅力的だった。
 
肝心の7章の内容ですがはっきり言って書きたくない。だってネタバレになるから。id:topisyuさんの丁寧な言葉で核心をつく言葉の数々など読み手を満足させるのには十二分な内容です。この2人が絡むとなるとどこまでゲスゲスした話になるのかという黒い期待をしていましたが、7章までに全てを語り尽くしたid:hagexさんがいい感じでid:topisyuさんのノウハウを引き出しているあたりはまさに釣りと言っていいのではないでしょうか?
 
ちなみに書籍版の宣伝を前したのちにKindle版を自らのブログアナウンスするというAmazonアフィリの釣り流石のテクニックとしか言いようがありません。これには釣られました。
 
個人的には某女史とかの本よりも切り口、切れ味ともにプロネットウォッチャーとしてのキャリアを感じさせる細かいノウハウは釣り師を目指す人以外にも一読の価値はあります。