読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コリログ

青コリが書く雑文。ブラゲからガジェットまで

アートアクアリウム展 ~大阪・金魚の艶~に行ってきた。

生活-アクアリウム 生活

アートアクアリウム展 ~大阪・金魚の艶~というイベントに行ってきた。

昨年2013年に1年間で100万人の来場者を数えた、
話題の「アートアクアリウム」がこの度、大阪・梅田でも開催いたします。

本展の大阪での開催テーマは、「~大阪・金魚の艶~」。

昨季の年末年始には心斎橋での開催が大ヒットも記憶に新しい中、
今回は西日本初登場となる新作をいくつも用意し、パワーアップして装い新たに梅田で開催いたします。

元アクアリストとしてはこれは是非行かねば!

ということで行ってきました。

エントランス

f:id:tmura3:20140302190317j:plain

 

プロジェクションマッピング×金魚

f:id:tmura3:20140302191603j:plain

 

 

花と金魚

f:id:tmura3:20140302192033j:plain

 

 

金魚鉢

f:id:tmura3:20140302192434j:plain

 

 

f:id:tmura3:20140302192655j:plain

 

 

f:id:tmura3:20140302192847j:plain

 

 

確かに綺麗でした。僕は芸術ってものを勉強したことも無いですし、意見を言う権利も無いのかもしれません。そんか素人の意見で大変恐縮ですが、このアートアクアリウムから受けた印象は日本というよりはNIPPONです。外国人からみたJAPAN。そんな感じのイベントです。

 最近はやりのプロジェクションマッピングはプレステでポリゴン扱えるようになったからとりあえず3Dにしてグリグリ動かしとけとかそんな感じでまだまだ過渡期じゃないかとか、大阪城の3D とか見てて感じたことをまた感じてしまいました。

 

元アクアリストだから余計に思うのかもしれませんが、いくら金魚が丈夫な魚だといってもこの過密水槽はないわぁと思ってしまったりとか余計な雑念が入ってしまい個人的には楽しめませんでした。しかし、綺麗は綺麗ですのでデートとしていく価値はありですよ。