読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コリログ

青コリが書く雑文。ブラゲからガジェットまで

老人ホームの壁からわかる制度の歪み

生活 生活-虐待

皆さんは老人ホーム、グループホームなど介護施設に行ったことがあるだろうか?そこの壁に違和感を非常に覚えたので初心者の僕が感じた壁の違和感を書いていく。

 
スタッフの顔写真
老人ホームの入り口にはスタッフが和かに笑顔で写っている。写真の下には真心こめてお手伝いさせていただきます。などハートウォーミングな言葉がついている。人数はざっと数えて20人位。ほぅ、こんな働いているんだ。と思った。
 
入居料問題
入居者は各フロア10名程度のようだった。僕の行った老人ホームは三階建だったので30名入居している事になる。月額が12万なので単純計算で360万円の収益があり、食費などで2万円とったとしても420万円の売り上げしか上がらない。20人のスタッフ人件費を実際はもっと安いと思うが月20万と加算すると400万円。つまり、その施設の利益は20万円。老人ホームの建物代など諸経費を加味するとどう考えても赤字だ。あとで調べたところ介護保険の介護料をフルで利用して利益を上げるという補助金なければ破綻するビジネスモデルな現状のようだ。調べてみると5万から35万と幅があるが入るようだ。つまり、見かけの収入以外に平均15万で試算したら450万円の入ってくる。これならなんとか運営できそうだ。しかし、これが生活保護者を賃貸に押し込める弱者ビジネスというものの何が違うのか?と聞かれると僕は明確な差異を答えることはできなそうだ。
 
老人ホームの壁はすごかった。何がすごいというと装飾がすごい。雛人形の折り紙、お誕生日おめでとうという飾り文字と顔をトリミングし折り紙でデコレーションされている写真、居酒屋甲子園で書かれているようなポエム。など過剰と思われる様々な趣向を凝らしている。介護職員は労働がきついというが、この装飾を夜勤で作れとか言われたら嫌すぎる。これは誰が誰に向けて作っているのかというと見学者、家族向けにウチはアットホームさを売りにしてますという安っぽいアピールをしているあたりがゲスっぽい。他にやるべきことアピールの仕方ってあるんじゃなかろうかと思ってやまない。
 
 
介護も居酒屋もブラックだなとしみじみ思った。最後に入居者のポエムで心に響いたモノを一つ。
 
散歩は私の趣味よ辞めれない!
 
これを認知症で名前も書けないばーちゃんがとんでもない達筆で書いていたのにはニセベートーベンもびっくりのゴーストライティングを見せつけられてこの制度はゆがんでいると素人ながらに思ってしまいました。