読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コリログ

青コリが書く雑文。ブラゲからガジェットまで

風邪に対する民間療法として自慰行為を推奨したい

医療 医療-小ネタ

一人病床で熱を出し倒れていたとき私は悩んでいた。

熱でぶっ倒れてるけどココで自慰行為を行うことは自分にとってクリティカルなことになるのだろうか?私の体力は熱に奪われドラクエでいうオレンジ色のステータスだし、私の普通以下のキノコもぴくりとも動かない。碇シンジ君が動いてよ!動いてよ!と叫ぶレベルでガチャプレイをしなければ今の僕にぴくりとも動かない。しかし、ここで頑張れば風邪が早く治るのならばやらねば!ということを沸々と考えていたので自慰行為は如何に免疫を変化させるのか?について調べてみた。そうすると1件の論文にぶち当たった。

 

Effects of sexual arousal on lymphocyt... [Neuroimmunomodulation. 2004] - PubMed - NCBI

 

健常人11名の自慰行為後の免疫機能を測定するという至ってシンプルなスタディだ。

結果

NK cell(CD16+ CD56+)の細胞が増加したが、その他は前後で変化無かった。

そして、オルガズムにより自然免疫が活性化したことが示唆された。

 

補足

NK細胞とは

ナチュラルキラー細胞(ナチュラルキラーさいぼう、NK細胞)は、自然免疫の主要因子として働く細胞傷害性リンパ球の1種であり、特に腫瘍細胞やウイルス感染細胞の拒絶に重要である。細胞を殺すのにT細胞とは異なり事前に感作させておく必要がないということから、生まれつき(natural)の細胞傷害性細胞(killer cell)という意味で名付けられた。形態的特徴から大形顆粒リンパ球と呼ばれることもある。

という個人的にはかなり注目している細胞です。今、自費治療で患者から血液を回収しリンパ球を増やして再注入する免疫療法なるがん治療の主役細胞です。効果は。。。ですが。

 

自然免疫とは

病原体上皮での防壁を突破し、微生物毒性物質が生体内にうまく侵入できると、続いて生体内の自然免疫系(先天性免疫系)と対峙する。これは体液的・化学的・細胞的な障壁による宿主の保護機構である。白血球やリンパ球などの細胞や機構が動員されて宿主を守り、その際に通常は炎症反応が起きる。 この自然免疫応答は普通生体が微生物を構造パターン認識受容体で感知するときに発動する。この構造パターンは広い範囲の微生物グループの間で保存されている[17]。 あるいは細胞は障害を受けると警戒シグナルを出す。それらの全てではないが多くは病原体を認識する同じ受容体によって感知される[18]。 自然免疫系による防御は非特異的であり、病原体に対して包括的な応答を行う[3]。つまり様々な病原体に対して別個に応答するのではなく常に汎用的な方法で対処するがゆえに、効力を発動するまでの時間が短く、いわば常に臨戦態勢にある。反面、獲得免疫系のような免疫記憶が無く、長期にわたって防御する仕組みではない。

 つまり、外敵見つけたしやっちまえというならず者細胞達が自然免疫です。

ほかにも獲得免疫(インフルエンザの予防接種など)がありますがココでは割愛します。

結論

つまり、風邪引いてでも自慰行為を行い自然免疫を活性化し、ウイルスなどを駆除する方法は有効なようにも考えられるが、自己責任において行うべきである。また、日常生活におけるオルガズムは抗癌作用、抗ウイルス作用も期待できるのでみんなどんどんやればいいんじゃないかな?(白目)ちなみに、性行為ではなく自慰行為だからそこんとこ間違えないように!リア充爆発して下さい。

 

追記1

ブコメに対するお返事

アレルギーは獲得免疫系という別の経路になります。獲得免疫系には上記ペーパーでは影響無いと結論づけられておりますのでご安心下さい。

 

【指定第2類医薬品】ムヒのこどもかぜ 顆粒 12包

【指定第2類医薬品】ムヒのこどもかぜ 顆粒 12包

 

 

 

[まとめ買い] 風の大地 (51-65)

[まとめ買い] 風の大地 (51-65)