読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コリログ

青コリが書く雑文。ブラゲからガジェットまで

まだまだある日本心理学会で発表された興味を引いた研究

医療 医療-心理学

先日の日本心理学会で個人的に興味を引いた研究発表10がはてブでバズってしまいました。調子にのってもう少し違うジャンルで色々あるかを探してみるとありましたのでまとめてみます。

  1. 大学生における睡眠の質と抑うつの関係
    睡眠時間と抑うつの関係はなく、睡眠の質と抑うつは相関があった。親と同居している学生と、独居している学生では独居学生のほうが睡眠の質は低い結果になった。

    青コリのコメント
    ニートに抑うつが多いか詳しくは知りませんが、もし多ければこの仮説だと難しいですね。

  2. インターネット依存は単一疾患か?
    インターネットの利用を「長時間経験」と「短縮失敗経験」にわけ各サービスで検討しています。BIS(罰の回避傾向を示す)/BAS(報酬への接近傾向を示す)尺度で検討しています。有意差を認めませんでしたが、コミュニケーションを伴わないサービスにおいては抑制傾向が高いグループと報酬反応性が高い(脳内エンドルフィンが分泌される)グループと抑制傾向が高いグループに分類されることがわかった。

    青コリのコメント
    きっと僕は報酬反応性が高い方です。ガチャ脳ですから。

  3. 新型うつのしろうと理論
    新型うつが素人ではどのように理解されているのかを調べた研究。新型うつという言葉は知っている人が23%。自由記述のテキスト分析では社会人、甘えが書かれています。

    青コリのコメント
    ここでは是非目的の所に書かれている「新型うつという言葉は医学的に存在しない。」ここを推します。僕もそんなのあるんだと思っていましたがメディアの造語だったんですかね?裏をとってみようと思います。

  4. 教職志望者における教職に関する不合理な信念の検討
    教職員になる大学生が対人ストレスによりうつなどになりやすいので教師像についてアンケートをとり不合理な信念を整理、分類した。抑制的教師像(教師は禁欲的で無くてはならない等)、自己犠牲傾向(勤務時間は有名無実である)は90%以上の割合で学生にみられた。

    青コリのコメント
    就職する前からワタミで洗脳されているような価値観で頑張りすぎる人が多そうですね。

  5. 情報通信技術を用いた交際相手からの暴力
    メールなどの情報通信技術による交際相手からの暴力の統計。、メール送信の義務、メールを監視されるはそれぞれ男女とも10%前後で恋人、元恋人などにされたことがあるという結果。

    青コリのコメント
    結構頻度が高いのでびっくりしました。メール監視で女性は25%は相手への気持ちが冷めるにも関わらず、男性は5%しか冷めないというのはどういうことなのか気になります。

  6. 過去の対人関係における傷つき体験と現在の「ママ友」関係との関連性
    ママ友関係は思春期の友人関係と類似するところが多いので過去の傷つき体験とその想起の関連を検討する。傷つき体験としてもっとも多かったのはいじめであった。また、傷つき体験から「防衛的関わり(防衛機制といわれるもの。否認、反動形成など)」をしてしまうことで友人関係の中で不適応を起こしてしまうことがある。

    青コリのコメント
    ママ友とか面倒ですね。。職場もたいがいですが。。

  7. ストーカー、DV、デートDVの被害者、加害者像
    某県でおきたストーカー1185件の統計。ストーカーを交際歴で分けると男性→女性の場合、交際無しが多く、交際無しの場合は加害者と被害者の年齢差が大きかった。

    青コリのコメント
    同年代はあまり狙わないのですね。おっさんが若い女性のパターンが多いのでしょうか?

  8. センター試験英語得点(NCT)とTOEICの難易度比較
    大学1年生の同一試験者348名で検討。TOEIC600点にはNCT393点(78.6%)、TOEIC800点には(91.8%)が必要。

    青コリのコメント
    大昔なので忘れましたがセンターって英語200点だったんですが。。
  9. 斜め縞服は太って見える
    横縞の服を着ると太って見えると言われるが、錯視現象では逆のことが起こる。斜め縞と比べると横縞、縦縞では錯視により体が細く見える。さらに、横縞のほうがHelmholz錯視により効果が大きいことがわかった。

    青コリのコメント
    Helmholz錯視は下の図です。
  10. 多様なデザインフォントがもつ印象と読みやすさの関係
    デザインフォント11種類を女子大生に見て貰い、それぞれのフォントの読書視力、臨界文字サイズを測定した。ゴシック、明朝体が有意差を持ち読みやすいことがわかった。

    青コリのコメント
    これはわかりきっていたことですが、慣れているというのもあるかもしれません。今回は読みやすさの検討ですが他の尺度でも検討された物があれば見てみたいですね。

再度読んでみると色々面白い物がまだまだあるので紹介させて頂きました。言葉足らずや上手く説明出来ていないところもありますので、原文も併せて読んで頂くとさらに面白いと思います。