読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コリログ

青コリが書く雑文。ブラゲからガジェットまで

AQUOS PAD SH-08Eを購入してみた。

ガジェット ガジェット-タブレット

世間はnexus7 2013の発表と値段が話題ですがLTEモデルの発売が9月末ってことで四万近く出すならdocomoのAQUOS PAD SH-08Eも選択肢に入ってくる人がいるんじゃないかと思います。あちらはdocomo縛りがあるにせよ国内の格安simで運用するならどうせdocomoネットワークを利用するので一緒ではないかと思ったりする人は僕以外にもいるかも知れません。ということでコストなどの面から色々とこのAndroidタブレットを見ていきたいと思います。

 
docomo新規加入(ヨドバシ梅田)
本体価格 63200円
ポイント 6320円
ランニングコスト 1880円/月 3Gまで
 
ヤフオク
本体価格 約48000円 手数料、消費税込み
ランニングコスト 980円/月
 
価格だけで比較するとネクサス7が本体価格39800円なので約8000円位高いです。しかし、スペックで見るとはSDカードスロットやフルセグ、IGZOディスプレイによるバッテリー持ちのよさなどこちらの機種が優れたところも幾つかあります。そこによさを見出すことができればむしろこっちの方が買いだと思います。
 
出来はなかなか。しかし、端末としての完成度は現行タブレットとしては申し分無いと思います。しかし、タッチパネルの感度が良過ぎるのかスワイプしようとするとクリックになってしまうというトラブルというかマシンのチューニング不足というかむしろ不良品という致命的なミスがありますので(なんとか使えます)、そこだけは至急ソフトウェアアップデートで対応して頂きたいところです。そうすれば間違いなく個人的には神端末になります。