読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コリログ

青コリが書く雑文。ブラゲからガジェットまで

GRデジタルの後継機がついに出る!APS-Cセンサー搭載で10万円切る価格とか欲しすぎる!

ガジェット ガジェット-カメラ

リコーのGRシリーズは高級コンデジの元祖とも言うべきシリーズだ。F2.8の明るいGRレンズで映し出される写真は素晴らしく、プロもサブ機として愛用する人が多く、イスラム教とキリスト教の争いの如く信者同士が戦い合う価格コムや2ちゃんねるのカメラ板でも比較的好意的な意見が多い。また、商品の寿命が短いデジカメ業界において一度モデルを出したら数年はモデルチェンジせず、かつ値下がりもしにくいというデジカメの化け物カメラともいえる。しかし、一方そのあまりの無骨な操作性はコンデジしか触ったことが無いカメラ初心者を寄せ付けず、評判で買ってみたものの使いこなせず埃をかぶっている人も多い初見殺しともいえるカメラだったりもする。

 

今回のモデルチェンジの最大のポイントはAPS-Cセンサー搭載ということだろう。高級コンデジにおけるAPSCセンサー搭載は昨年SONYのRX-1が搭載して25万というあまりにも強気な価格設定で話題をさらったが予想に反して売れに売れてしまった。そのせいか今年になって各社がAPSーC搭載の高級コンデジを投入してきている。GRもその流れに追従せざる得なかったと言うことだが定価が半額以下の99800円という決して安くは無いが、コンパクト設計と画質を考えると十二分に購入検討に値するのでは無いかと思う。