読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コリログ

青コリが書く雑文。ブラゲからガジェットまで

ガジェットに100万近くつぎ込んだ青コリが選ぶ今年買って良かったガジェットベスト5

ガジェット ガジェット-カメラ

こんにちは、青コリです。

年末ですのでそろそろ今年買った無駄遣いの総決算を行います。

タイトルのまま

ガジェットに100万近くつぎ込んだ青コリが選ぶ今年買って良かったガジェットベスト5です。

本当はベスト10にしたかったんですがベスト10まで行くと5-10がほぼカメラのレンズになってしまうのでやめたというのは内緒です。

 

5.D800

Nikon デジタル一眼レフカメラ D800 ボディー D800

今年のカメラ業界で最も注目された機種と言っても良いと思います。

3200万画素で26万円という破格のコストパフォーマンス。そしてローパスレスモデルなどCanonを一周追い抜いたと発表当時Nikon信者は思ったに違いない。そして、3200万画素フルサイズを活かす写真を撮るには、一般の安いレンズでは性能が追いついていないと言われF2.8大三元レンズが品薄を起こし3万円以上も販売価格が上昇するという現象まで引き起こした怪物マシン。これで僕もレンズ沼にはまりました。

 

4.Nexus7

[asin:B009OY449Q:image:small]

Googleが出した純正Androidタブレット。性能もさることながら2万円を切る低価格+2000円のクーポンも付いてきて実質価格18000円位とタブレット端末の適正価格が大きく今後変わると思わせるほどインパクトがある価格設定にガジェット好きが飛びつかないわけがない。その後、iPad mini、Kindle fire HDと現在7インチタブレット端末頂上決定戦を行っている。個人的にはバックのレザーのような触感が好きで毎日持ち歩いています。wifiのみで今後セルラー対応版が出ればいいなとか思っております。

 

3.iPad mini

iPad mini 16GB Wi-Fiモデル ブラック&スレート MD528J/A

Jobsの遺言で7インチは出すなという都市伝説がありましたが、その遺言を破ってクックが率いるAppleがリリースしたタブレット端末。Nexus7が既に発表されたあとで16G 28800円という価格とRetina非搭載、中身がiPad2とほぼ同等ということから失望の

声が非常に多かったですが、Nexus7と比較して30g軽く、薄いという手に持ち使うガジェットとしての長所と特徴と円熟期に入りつつあるiOSの豊富なソフトウェアはスペックで勝るNexus7と比べても十分迷う余地のある魅力有る端末に仕上がっていると思います。

 

2.DSC-RX100

SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX100 光学3.6倍 DSC-RX100

去年あたりからハイエンドコンパクトデジカメ市場が賑やかです。ミラーレスデジカメも頑張っていますが個人的には重さとかが中途半端であまり好きではありません。今まではGRーDEGITALとかDP1とか人を選ぶモデルが多かったですが、クセがそこまで強くないのに魅力的なスペックなデジカメが出たなーが第1印象です。一般的なコンパクトカメラのレンズのF値は最小3.5位が標準ですので、F1.8の明るいレンズでボケの効いた写真が取れるということは、サブ機として非常に魅力的です。

 

1.iPhone5

【国内正規代理店品】SPIGEN SGP iPhone5 シュタインハイル GLAS.t プレミアム リアル スクリーン プロテクター 《強化ガラス液晶保護フィルム》 【SGP09435】

Jobsの遺作とも言うべきガジェット。初めて持ったときの第1印象は軽くて薄い。たった20g強でここまで持つ感触が違うのかと思った。LTEも早いし非の打ち所がないスマートフォンだと思う。ただ、使い込んでいくと角のアルミ塗装がはげていくのでホワイトをオススメします。